羨ましすぎる8歳の仕事「カメラの前でおもちゃと遊び、年収100万ドル」!

写真拡大

YouTube上でのちょっとした有名人、エヴァン君のお仕事は、お父さんのジャレッドさんが回すカメラの前で、様々なおもちゃで遊ぶこと!そんなエヴァン君とお父さんのおもちゃ評価番組のビデオ配信での売り上げは、なんと年間100万ドルあまり(約1億900万円)!

そんな評価サイトでなぜここまでの巨額に?私はなぜいままで思いつかなかったんだろう?そう思うのも当然のこの驚きのビジネスは、実はもともとエヴァン君とジャレッドさんがお遊び半分のプロジェクトとして始めたことで、モバイルゲームでお馴染み、アングリーバードのクレイ人形を使ってコマ撮りビデオを撮影し、月に1本程度の頻度でアップロードしていたそう。

そんな二人のかわいいビデオは人気を着実に集め、彼らの最初にアップロードしたビデオが100万ビューを突破した時に、ジャレッドさんはこのプロジェクトがかなり大きなヒットになってきていることに気付いたそう。

これがシリアスなビジネスモデルとなったのは、それから間もなくのこと。おもちゃのレビューをすることにした彼らは、各種ブランドや企業に対して広告枠を売る専門の営業を置き、ビデオの周辺に掲載する広告に加え、ビデオの中で実際に使うおもちゃスポンサーなどを集めています。

また、Youtube/Googleがサイト内のプレースメント広告を管理しているそう。ジャレッドさんによると、収入の大部分はビデオ内で使うおもちゃスポンサーによるものだとか。このビデオによる莫大な収入は、投資に回すほかはエヴァン君とジリアンちゃんの貯蓄に充てているそう。

実際におもちゃで遊ぶエヴァン君の評価はとても説得力があり、ビデオを見ているとつい買わずにはいられない衝動が。たまに出演をする妹のジリアンちゃんも番組に一段とかわいさを添えています。

ただ、稼ぎ頭の一人エヴァン君、ビデオに出ている時以外は他の小学生となんら変わることはなく、学校に行き、宿題をし、友達と遊んでパソコンもいじるし、空手教室にも通っている、ただただ普通の生活をする男の子だそう。

ジャレッドさんは、「彼は番組の人気の大きさをわかってないと思う」と話しています。

写真・ビデオ制作会社を経営するジャレッドさん曰く、エヴァン君の生活を極力ふつうに保ちたいとのことで、そのため、彼らの住所や苗字、通う学校名などはもちろん、エヴァンとジャレッドなどの名前意外は一切の個人情報を公表していません。

インターネットの普及により、個人でも創意工夫で思わぬチャンスが転がり込む今日この頃、あなたもビッグ・ビジネスを掴む日が来るかも…?!

This 8-Year-Old Kid Makes Over $1 Million a Year Playing with Toys in Front of a Camera
http://www.odditycentral.com/news/this-8-year-old-kid-makes-over-1-million-a-year-playing-with-toys-in-front-of-a-camera.html