トム・ハンクス

写真拡大

トム・ハンクスが1988年に主演した映画『ビッグ』が、米FOXでTVシリーズ化されることになった。

【関連コラム】映画監督たちが続々とテレビ界へ進出――テレビは新しい"映画"になるのか?

『ビッグ』は主人公の少年が大人になりたいと願ったことから、翌朝目が覚めると本当に大人になってしまうというファンタジー・コメディだ。公開時に全世界で1億5100万ドル(約160億円)の収益を記録した。1996年にはブロードウェイのミュージカルにもなり、約6ヵ月で193回公演し、トニー賞にもノミネートされている。なおトムは今回のTVシリーズには関与しない模様だ。

米Hollywood Reporterによると『クーガータウン』の製作総指揮者ケヴィン・ビーゲルと『大統領とバカ息子』の脚本家マイク・ロイスがシナリオを執筆し、30分のシリーズとして製作する。(海外ドラマNAVI)

■関連記事・『アイアンマン』『トゥモロー・ワールド』のチームが、人気SF小説「巨獣めざめる」のTVドラマ化に向けて脚本を執筆映画『スクリーム』のTVシリーズ化をMTVが企画中『デス妻』のエヴァ・ロンゴリアがドラマ製作に進出!