アリッサ・ミラノ

写真拡大

愛に溺れる4人の女性を描いた米ABCの人気ドラマ『溺れる女たち 〜ミストレス〜』のシーズン3への更新が報じられたが、その吉報に続き、今度は主演の一人である弁護士サヴィ役のアリッサ・ミラノが降板を発表するという残念なニュースが伝えられた。

【関連記事】チュートリアル徳井義実が溺れるのは...!? 『溺れる女たち 〜ミストレス〜』にゲスト出演決定! そのアフレコ現場に突撃!!

米Deadlineによると、本作のシーズン3への更新と同時に、製作会社はシリーズの製作拠点をロサンゼルスからカナダに移すことを決定したという。これにより、プライベートで子育て中のアリッサは、カナダに生活拠点を移すことができないと判断。本人自らがSNS(ソーシャル・ネットワーク・サービス)を通して、以下のように発表した。

「すばらしい2シーズンの撮影がロサンゼルスでなされたあと、製作会社は財政的な理由でシーズン3をバンクーバーで撮影することを決定しました。とても残念ですが、私は生活の場を移すことができません。私には4歳にも満たない子供が二人います。(女優の前に)まず母であり妻である私は、子供たちを慣れ親しんだ場所から引き離すことも、単身カナダで生活をすることもできません。この仕事を続けられないことで非常に寂しい気持ちになると思います。(スタッフやキャストの)皆さんの多大な成功を祈っています」

アリッサの決断は、番組との契約内容に基づくものであるため、製作側とABCは特に驚くことはなく、彼女に理解を示したという。シリーズがロサンゼルス以外の場所に撮影拠点を移すこととなれば、番組を辞めることができるというオプションが契約に付されていたからだ。現在のところ、サヴィを別の女優が演じることになるのか、サヴィが番組から退場することになるのかは明らかになっていない。(海外ドラマNAVI)

■関連記事・オーランド・ブルームがジャスティン・ビーバーをパンチ!? ミランダ・カーが原因か?『スキャンダル』オリヴィア・ポープのファッションラインが発売へレジーナ役ラナ・パリーヤが語る『ワンス・アポン・ア・タイム』シーズン2の見どころは?