「アンダー・ザ・スキン 種の捕食」の一場面(C)Seventh Kingdom Productions Limited,Channel Four Television Corporation and The British FilmInstitute 2014

写真拡大

女優のスカーレット・ヨハンソンが、エイリアン役で初のフルヌードに挑戦したSF映画「アンダー・ザ・スキン 種の捕食」を語ったインタビュー映像が、このほど公開された。

「記憶の棘」のジョナサン・グレイザー監督が、スタイリッシュな映像でミッシェル・フェイバー氏の小説を映画化したSFスリラー。スコットランドの街で、美女に誘惑された男が次々と姿を消す事件が多発していた。服を脱ぎながら男を誘う地球外生命体の女は、無表情のまま男たちを捕食していたが、孤独な男との出会いをきっかけに人間的な感情に目覚めていく。

ヨハンソンは、トレードマークのブロンドヘアから黒髪にイメージを一新し、妖艶なエイリアンを演じた。本作を「変身を扱っている異色映画で、抽象的な描かれ方をしている」と説明し、「なかなか難解な作品だけど、だからこそジャンル映画の型にはまってない。(『レモ 第1の挑戦』で製作総指揮を務めた)メル・バーグマンの作品ともまったく違うし、定義はできないわね。そこが魅力だし皆さんにも伝わればうれしいわ」とアピールしている。

「アンダー・ザ・スキン 種の捕食」は、10月4日から全国で公開。

■関連記事
【動画】「アンダー・ザ・スキン 種の捕食」インタビュー映像
【作品情報】「アンダー・ザ・スキン 種の捕食」
【映画評論】生々しい現実感と詩的な美しさに満ちた、エイリアンの地球発見の旅路
「LUCY」のスカーレット・ヨハンソンが「何か質問ある?」 Twitterでファン交流
スカーレット・ヨハンソン、フランス人ジャーナリストと婚約