トム・ハンクス主演「ビッグ」の一場面写真:AFLO

写真拡大

トム・ハンクス主演の大ヒットコメディ「ビッグ(1988)」(ペニー・マーシャル監督)を、米Foxネットワークがテレビシリーズ化する企画があることがわかった。

米ハリウッド・レポーターによれば、米ABC「クーガータウン」のクリエイター、ケビン・ビーゲルと、「大統領とバカ息子」の脚本家マイク・ロイスが制作総指揮と脚本を手がける。ビーゲルとロイスは、同じくFoxのコメディシリーズ「Enlisted(邦題:B級軍人ブラザーズ)」のクリエイターコンビ。今年放送を開始した「Enlisted」は、評価は高かったものの、視聴率を獲得できず1シーズンで打ち切りとなった。

映画「ビッグ(1988)」は、早く大人になりたいという夢を持つ12歳の少年ジョシュ(ハンクス)が、突然35歳の大人に変身したことで巻き起こる騒動を描く。30分枠のコメディシリーズとなるテレビ版は、映画を下敷きに、大人であることの意味と子どもであることの意味、そしてそのどちらもが容易ではない現代社会を探る。キャストは未定。

■関連記事
トム・ハンクスとメグ・ライアンが4度目の共演へ ライアンの監督デビュー作
英誌選出「好感のもてる映画キャラクター50人」
ジム・キャリー主演の良作「トゥルーマン・ショー」がテレビシリーズ化
トム・ハンクス開発のiPad用アプリ、米AppStoreでNo.1に
スピルバーグ&トム・ハンクスの冷戦スリラーに英俳優マーク・ライランス