マット・ボマー

写真拡大

大人気クライム・サスペンス『ホワイトカラー』で主役ニール・キャフリーを演じるマット・ボマーが、映画『The Nice Guys』で、ライアン・ゴズリング(『ドライヴ』)、ラッセル・クロウ(『マン・オブ・スティール』)と共演することが明らかとなった。

【関連お先見】マット・ボマー、テイラー・キッチュ、マーク・ラファロが迫真の演技で迫る!1980年代のHIV/エイズ問題を描いた『The Normal Heart』

米DeadLineによると、現在ジョージア州サバンナで、『Magic Mike XXL』に出演中のマットは、撮影終了後に『The Nice Guys』に取り掛かることになるという。1970年が舞台となる『The Nice Guys』は、ラッセル演じるギャングのジャクソンが、行方不明の少女探しと危険な陰謀を暴くために、ライアン扮する探偵ホランドを雇ったことからストーリーが展開する。どうやら、この陰謀に関わるのがマットの役柄のようだが、今のところ役名など詳しいことは明かされていない。このほかマーガレット・クォーリー(『LEFTOVERS/残された世界』)が、汚職にまみれた裁判所長官の娘アメリア役でキャスティングされている。

本作で脚本・監督を務めるのは、『アイアンマン3』でメガホンを取ったシェーン・ブラックで、ジョエル・シルヴァー(『マトリックス』シリーズ)がプロデューサーの座に就いている。
『The Nice Guys』は、全米で2016年6月に公開予定。(海外ドラマNAVI)

■関連記事・『Magic Mike XXL』がコンテストを実施! ウィナーはエキストラとして撮影に参加!映画『マジック・マイク』の続編が撮影開始! 徐々に全貌が明らかにライアン・ゴズリングとエヴァ・メンデスに第一子が誕生!