能年玲奈がオタ女子を演じる映画でヒャダインこと前山田健一が音楽を担当!
 - (C)2014『海月姫』製作委員会 (C)東村アキコ/講談社

写真拡大

 ももいろクローバー(現・ももいろクローバーZ)ブレイクの立役者としても知られる音楽家のヒャダインこと前山田健一が、能年玲奈主演の『海月姫』(12月27日公開)で映画音楽に初挑戦したことが明らかになった。前山田はインスピレーションを受けた同作のために、36曲もの楽曲を書き下ろしている。

 映画『海月姫』は、漫画雑誌「Kiss」(講談社)で連載中の東村アキコの同名漫画を実写化した作品。男子禁制のアパート天水館を舞台に、オタク女子たちの騒動が描かれる。

 「ゲームやアニメの劇伴は経験済みですが、実写に音をつけるということが初めてだったのでとても光栄でした」と初挑戦を振り返った前山田は撮影現場にも訪れたといい、「何回『すげえ』と言ったことでしょうか……。屋内の巨大スタジオにアパート天水館がまんま建造されていて、映画というエンタテインメントの底知れなさを感じました。天水館の空気を肌で感じ、香りを吸い込み、より一層映画の世界観と自分のチャンネルをシンクロさせることができたと思っています」と手応えを語っている。

 完成した劇伴は「『海月姫』愛にあふれる」もので、「本当に面白く、印象的な楽曲ばかり」だと映画制作プロデューサーの井手陽子が明かしている。クラゲオタクの主人公・月海(能年)と天水館に住むオタク仲間の「尼〜ず」(池脇千鶴、太田莉菜、篠原ともえ、アジアン・馬場園梓)が繰り広げるドラマに前山田の楽曲がどのようにマッチしているのか、気になるところだ。(編集部・小松芙未)

映画『海月姫』は12月27日より全国公開