『ビッグバン★セオリー』

写真拡大

人気ドラマの出演者は、いったいいくらぐらい稼いでいるのだろうか?そんな素朴な疑問に答え、米TV Guideは、気になる1話あたりの出演料のランキングを発表し、テレビ界で今最も稼ぐ俳優たちを明らかにした。

【関連記事】一番稼いでいるのは誰!? ドラマ俳優の気になる出演料、おいくらでしょう? <前編>

栄えある1位に輝いたのは、『ビッグバン★セオリー ギークなボクらの恋愛法則』の主要キャスト、ジョニー・ガレッキ、ジム・パーソンズ、そしてケイリー・クオコの3名。今年7月、シーズン8の撮影開始前にギャラ交渉が行われ、それぞれが1エピソードの出演につき、破格の100万ドル(約1億1,000万円)で合意に至ったという。これは、世界中で大ヒットしたコメディ『フレンズ』の最終シーズンで、主要キャスト6名の出演料に匹敵するとか。

2位はランキング上位の常連、『NCIS 〜ネイビー犯罪捜査班』のマーク・ハーモンで、52万5000ドル(約5,700万円)。3位には、『ハウス・オブ・カード 野望の階段』のケヴィン・スペイシーが50万ドル(約5,400万円)でランクイン。ただし、この金額には、プロデューサーとしての報酬も含まれているという。

米TV Guideが発表した、最も稼ぐテレビ俳優のトップ10は下記のとおり。

1.ジョニー・ガレッキ
ジム・パーソンズ
ケイリー・クオコ
『ビッグバン★セオリー ギークなボクらの恋愛法則』
100万ドル(約1億1千万円)

2.マーク・ハーモン
『NCIS 〜ネイビー犯罪捜査班』
52万5000ドル(約5,700万円)

3.ケヴィン・スペイシー
『ハウス・オブ・カード 野望の階段』
50万ドル(約5,400万円)

4.マリスカ・ハージティ
『LAW & ORDER:性犯罪特捜班』
40万ドル(約4,350万円)

5.エレン・ポンピオ
パトリック・デンプシー
『グレイズ・アナトミー』
35万ドル(約3,800万円)

6.ジュリー・ボーウェン
『モダン・ファミリー』
19万ドル(約2,040万円)

7.アンジー・ハーモン
『リゾーリ&アイルズ』
18万5,000ドル(約2,010万円)

8.ケイト・ウォルシュ
『Bad Judge』
17万ドル(約1,850万円)

9.ケリー・ワシントン
『スキャンダル 託された秘密』
15万ドル(約1,630万円)

10.ジュリア・ルイス=ドレイファス
『Veep』
15万ドル(約1,630万円)
(海外ドラマNAVI)

■関連記事・『ビッグバン★セオリー』シーズン3のDVDコンプリート・ボックスが5月2日(金)発売!『ビッグバン★セオリー』、新たに3シーズンの製作が決定!オタク版『フレンズ』でいいじゃない!! 『ビッグバン★セオリー』シーズン5、いよいよ放送スタート!