本番を3日後に控え、日本から遠征した3頭も順調に調整を消化。現地時間の1日朝にはハープスター(牝3)はシャンティイのコワイラフォレ調教場で、ジャスタウェイ(牡5)とゴールドシップ(牡5)の2頭はシャンティイ競馬場の芝コースでそれぞれ追い切りが行なわれ、いよいよ大一番に向けて戦闘モードにスイッチが切り替わった。
 
 3頭ともに現地での評判は上々で、ことハープスターに関しては、同じ場所で調教を行っていた他の地元厩舎のスタッフから、レース1週前の追い切りを見た感想が、興奮交じりに送られてきたほどだ。

「なんなんだ、あのすごい牝馬は。先に3頭を前に行かせて、かなり離れた後ろからゆっくり追走していたかと思いきや、ちょっと仕掛けただけで、あっさりと全部抜いていったよ!」

 しかし、日本勢がどれだけ好調であろうとも、競馬は相手があってのもの。年明け頃にはトレヴ(牝4歳/フランス)や、ルーラーオブザワールド(牡4歳/アイルランド)、マジシャン(牡4歳/アイルランド)、フリントシャー(牡4歳/フランス)といった面々が今年の2400メートル路線の主役と見られていたが、それぞれに精彩を欠き、日に日に混戦ムードが高まりつつあった。昨年4着だった日本のキズナの故障もその理由の一つだ。このまま今年の凱旋門賞は低レベルの一戦として行なわれるのかと見られていたが、本番が近づくに連れて状況も転じ、1日段階で20頭がエントリー、うち14頭がGI馬という高レベルでの大混戦となった。
 
 ブックメーカー各社のオッズを見ると、タグルーダ(牝3歳/イギリス)と、前哨戦を制したエクト(牡3歳/フランス)がオッズ5倍前後で1、2番人気を分け合い、ジャスタウェイ、アヴニールセルタン(牝3歳/フランス)、ハープスターが7〜8倍のオッズで続いている。昨年の覇者トレヴとゴールドシップはそれに次ぐ10倍前後のオッズだ。

 まだまだ当日までちょっとしたニュースがあるだけでオッズは動くが、それでもレースを3日後に控えたこの時期で、これだけオッズが拮抗しているのは珍しいケースだ。それだけ、今年の凱旋門賞が混戦ということを表している。

 我々は昨年、一昨年のオルフェーヴルでやや慣れてしまった感もあるが、日本の3頭がいずれも高い評価を与えられているのは、それだけでももの凄いことである。欧州の競馬メディアでも「混戦だからこそ、今年こそ日本の3頭のどれかが勝つ可能性が高い」との論調を目にするほどだ。今年こそ日本馬は本当に勝てるのか。これまでの日本馬に足りないものはなんだったのか。

「それは運です」

 そう答えるのは、外国人短期免許制度の黎明期に何度も来日し、ジャパンカップや朝日杯3歳(当時)ステークスなどの大レースを勝ったマイケル・ロバーツ元騎手だ。

「私も大本命の馬で2着に負けましたが、このレースを勝つのには実力だけではなく、運も必要だと、身をもって感じています」

 現役時代に10回以上も凱旋門賞に挑戦し、惜敗は何度もありながら、結局勝つことができなかったロバーツ氏は今年の日本馬を、意外な視点で分析した。

「勝てるかどうかのパーセンテージでいったら、昨年や一昨年のオルフェーヴルと大きな差はそうないでしょう。オルフェーヴルではなく、今年の3頭が昨年や一昨年の凱旋門賞に出走したとしても、同じだけ勝ち負けになったはずだと考えます。それだけ今の日本の馬は高いレベルにあります」

 では、日本のどの馬が勝つ可能性が高いのだろうか。

「ジャスタウェイは大変能力が高いと思います。しかし、距離は課題でしょう。ハープスターも素晴らしい瞬発力です。札幌記念で長くいい脚が使えることも判りました。ですが、私は3頭の中ではゴールドシップに魅力を感じます。札幌記念(8月24日・札幌競馬場・芝2000メートル)は追走に手間取っていましたが、今年の凱旋門賞なら十分楽に追走できるはずです」

 一方でハープスターに利あり、と見るのはフランスの女性記者イサベル・マシュー氏だ。
「彼女の走りには2歳の頃から目を奪われています。末脚は間違いなく世界トップクラスだと思っていましたが、札幌記念ではもう1段階成長したレース振りを見せました。このレースの3歳牝馬の優位性は今さら説明もいりませんし、さらに上積みも見込めます」

 しかし、3歳牝馬の脅威はハープスターに限らない。ロバーツ氏、マシュー氏ともにタグルーダを日本勢の最大のライバルと推す。

「今年はシーザムーンかタグルーダの年だと思っていました。しかし、シーザムーンは残念ながら引退。必然的にタグルーダに『運』が向いたといえます」(ロバーツ氏)

「キングジョージ6世&クイーンエリザベスS(英G1芝約2400メートル3歳以上)の勝ち方が素晴らしかったし、その時点で凱旋門賞を次の最大の目標としていました。前走の敗因は明らかですから、そこから立ち直ってくることに期待しています。このほか、アヴニールセルタン(牝3歳/フランス)、アイヴァンホー(牡4歳/ドイツ)、チキータ、(牝4歳/アイルランド)、そしてキングストンヒル(牡3歳/イギリス)も強力だと思います」(マシュー氏)

 タグルーダはイギリスのジョン・ゴスデン厩舎の3歳牝馬で、2009年の凱旋門賞馬シーザスターズの初年度産駒の1頭。無敗のまま英国オークスを制し、続くキングジョージ6世&クイーンエリザベスSでは歴戦の古馬を相手に38年ぶりとなる3歳牝馬による制覇を成し遂げた。その次のヨークシャーオークス(英G1芝約2400メートル3歳以上牝)では同じ3歳牝馬のタペストリーの末脚に屈したが、レース後に発情の兆候があったことが明らかになっている。前売りオッズの1番人気もうなずけるところ。

 ただ、そのタグルーダも、実は英国以外ではレースに出走したことがない。その点では日本の3頭とも条件は同じだ。

「今年の凱旋門賞は有力馬が一長一短で、非常にオープン。どの馬にもチャンスがあります。それだけに日本の強力な3頭にとっても大きなチャンスでしょう」(マシュー氏)

 一筋縄にはいかないのは最初から判っていたこと。だが、力さえ出し切れれば悲願達成は向こうから近づいてくる。これまで多くの日本馬の挑戦を跳ね除けた固く閉ざされた扉を蹴り破るのはどの馬だ。

土屋真光●取材・文 text by Tsuchiya Masamitsu