「ロミオとジュリエット(1968)」の一場面写真提供:アマナイメージズ

写真拡大

フランコ・ゼフィレッリ監督作「ロミオとジュリエット(1968)」でタイトルロールを演じて人気を博した英俳優レナード・ホワイティングと英女優オリビア・ハッセーが、同作以来46年ぶりとなる共演を果たすことがわかった。

米ハリウッド・レポーターによれば、ホワイティングとハッセーが共演するのは、現代版「ロミオとジュリエット」という設定の新作映画「Social Suicide(原題)」。インターネットとSNSの時代を背景に、ティーンエイジャーの恋人たちの無理心中事件を描く。

ホワイティングとハッセーは、ヒロインのジュリア(ジュリエット)の両親(キャピュレット家)を演じる。また、ジュリア役には、ハッセーの実娘インディア・アイズリーが起用されている。ロミオ役は未定。ブルース・ウェブがメガホンをとり、2015年前半の公開を目指している。

「ロミオとジュリエット(1968)」の公開当時、原作の年齢設定に近い15歳のハッセーと17歳のホワイティングの初々しい美しさは高く評価された。ハッセーは、その後布施明と結婚(のちに離婚)するなど、日本での知名度も高い。ハッセーは03年の「マザー・テレサ」ほか映画を中心に、ホワイティングは舞台を中心に活動を続けている。

■関連記事
オーランド・ブルーム「ロミオとジュリエット」でブロードウェイデビュー
昔「ロミジュリ」今「マザー・テレサ」。オリビア・ハッセー来日
「ロミオとジュリエット」スピンオフにフェリシティ・ジョーンズ?
菅田将暉、男性キャストのみの「ロミオとジュリエット」で「不純」なロミオを熱演!
米タイム誌が選ぶ「シェイクスピア映画のベスト10」