新作「ゴーン・ガール」公開を控えるデビッド・フィンチャー監督写真提供:アマナイメージズ

写真拡大

デビッド・フィンチャー監督が「スター・ウォーズ エピソード7(仮題)」のオファーを受けていたと、英Total Film誌が報じた。

J・J・エイブラムスに監督が決定する前に、ルーカスフィルムのキャスリーン・ケネディ社長からコンタクトがあったとフィンチャー監督は告白。キャスリーン・ケネディはフィンチャー監督の「ベンジャミン・バトン 数奇な人生」をプロデュースした経緯もあり、「エピソード7」の監督を打診したようだ。

しかし、ルーカスフィルムがディズニーに買収される前の話で、しかも、フィンチャー監督の目指す方向性が必ずしも商業的とは言えなかったことから、立ち消えになったという。「ぼくのお気に入りは『帝国の逆襲』だ」とフィンチャー監督は説明。「もし、あのような映画をやりたいと言ったら、金を出す連中は『そんなものは作るな! たくさんのクリーチャーが出てくる別の『スター・ウォーズ』のような映画を作れ!』となっただろうね」とコメントしている。

なおフィンチャー監督によれば、「スター・ウォーズ」は「さまざまな所有者のもとで人間の愚行を目の当たりにする2人の奴隷(R2-D2とC-3PO)の物語」ということで、「エピソード4/新たな希望」と「エピソード5/帝国の逆襲」ではその要素が魅力的であったものの、「エピソード6/ジェダイの帰還」ではなくなってしまったとコメントしている。

ちなみに、フィンチャー監督はインダストリアル・ライト&マジック社(ILM)で「エピソード6/ジェダイの帰還」の特撮にかかわった経験がある。

■関連記事
D・フィンチャー「ゴーン・ガール」、NY映画祭でメディアが「オスカーに爆弾投下」と絶賛
D・フィンチャー監督最新作「ゴーン・ガール」、第2弾予告&ポスタービジュアル公開
デビッド・フィンチャー&ジェームズ・エルロイ、TVドラマでタッグ?
ハリソン・フォード復活!「スター・ウォーズ エピソード7」が撮影再開
J・J・エイブラムス監督、動画で「スター・ウォーズ エピソード7」のXウィングを公開