江戸崎総合が2度の逆転で守谷との死闘を制し、創部以来初の8強進出!

江戸崎総合先発・宮本優輝

 秋季茨城県大会2回戦は、守谷と江戸崎総合という公立校同士の対戦となった。

 守谷は1回戦で延長10回、エース・吉波亮が1人で投げぬいた。最後は5番・立木のサヨナラ打で2対1と鹿島を破り、勢い付いている。対する江戸崎総合は、県南地区代表決定戦で、快速球を誇るエース・内村 悠斗や、強打者・川村 文耶 を擁する取手松陽を1点差ゲームで下して県大会出場を決めた。その原動力となったのが、変則左腕・宮本 優輝(2年、桜川中)だ。前日の県大会1回戦では宮本が完投。日立工を8対4で下し、2回戦に駒を進めた。

 試合は両チームとも背番号1のエースが先発した。1回表、1回戦で3安打を放ち、地区予選からここまで打率.667をマークする、守谷1番・寺嶋 一也(2年、御所ケ丘中)がセンター前ヒットで出塁すると、2番・遠藤圭悟(1年、取手シニア)は四球、3番・逆井渡(1年、坂東南中)が送って一死、二、三塁とする。

 ここで、地区代表決定戦ではスクイズを決めた実績を持つ、4番・渡辺大志郎(2年、守谷愛宕中)を迎えるが、渡辺はカウント1ボールからファーストファールフライに倒れる。続く前日のヒーロー、5番・立木陽翔(1年、水海道西中)はフルカウントから見逃し三振に斬って取られ、先制点を奪えない。

 1回裏、江戸崎総合は先頭の1番・輿友希(2年、江戸崎中)が四球で出塁すると、2番・井上智仁(2年、朝日中)が送り、3番・横田侑哉(2年、江戸崎中)は四球で、一死一、二塁のチャンスを作る。しかし、二走・輿が1ボールから牽制に引っかかりタッチアウト。二死一塁から4番・原村 和輝(2年、江戸崎中)はライトフライに倒れ、無得点に終わる。

 3回表、守谷は一死から1番・寺嶋がライト線二塁打で出塁し、2番・遠藤がエンドランを成功させ一死一、三塁とする。3番・逆井のカウント1-1から、一走・遠藤が盗塁を敢行し一塁・二塁間でわざと挟まれると、三走・寺嶋は本塁に突入する。しかし、セカンドの好返球によりタッチアウトとなる。

先発・吉波 亮(守谷)

 4回表、守谷は一死から6番・渡辺匠(2年、取手二中)、7番・秋葉直人(2年、水海道西中)の連続ヒットと送りバントで二死二、三塁のチャンスを作る。迎える9番・吉波亮(2年、取手シニア)をカウント1-1とした後の投球で、三走・渡辺匠が果敢にホームスチールを敢行する。

 江戸崎総合エース左腕・宮本のトルネード気味の大きなフォームの隙を突いた面白い作戦だったが、リード幅が不十分であったことと、スタートのタイミングが遅れたことが重なり、ホームで悠々アウト。足を使って好投手を切り崩そうとする守谷だが、またしても得点に結びつかない。

 4回裏、江戸崎総合は先頭の2番・井上がセンター前ヒットで出塁すると、犠打と5番・藤枝優貴(2年、稲敷東中)のレフト前ヒットで二死一、三塁のチャンスを迎える。しかし、6番・黒田健介(2年、稲敷東中)はピッチャーゴロに倒れる。

 均衡が破れたのは5回。ここから逆転、再逆転、再々逆転と、試合は目まぐるしく動く。

 5回表、江戸崎総合エース・宮本が突然調子を乱す。先頭の9番・吉波、2番・遠藤、3番・逆井に四球を与え、一死満塁のピンチを招く。ここで、守谷4番・渡辺大はカウント1ボールからファースト前にスクイズを成功させ、守谷が1点を先制する。続く5番・立木も四球で出塁し二死満塁。

 江戸崎総合・宮本がこの回4つ目の四球を与えたところで、ついに江戸崎総合ベンチが動く。2番手には、ショートの守備に就いていた横田が送られる。迎える6番・渡辺匠はフルカウントからセカンドゴロに倒れ、追加点は奪えない。代わった横田は133キロを計測。(守谷1対0江戸崎総合)

 6回裏、江戸崎総合が反撃に出る。先頭の2番・井上のレフト正面の当たりを、レフト・逆井が前方にダイビングするも後逸し二塁打となる。続く3番・横田が送って一死三塁とすると、4番・原村が初球をジャストミート。打球は左中間を真っ二つに割る適時三塁打となり、同点に追いつく。さらに続く5番・藤枝も適時センター前ヒットを放ち、江戸崎総合がこの回逆転に成功する。(守谷1対2江戸崎総合)

原村和輝(江戸崎総合)

 7回表、逆転を許した守谷がすぐに反撃に出る。先頭の2番・遠藤がサード内野安打、3番・逆井の送りバントが絶妙な位置に転がり無死一、二塁。4番・渡辺大の送りバントがエラーを誘い無死満塁とすると、5番・立木がフルカウントから押し出しの四球を選び同点に追いつく。さらに、6番・渡辺匠はレフトへの犠牲フライで勝ち越しに成功する。なおも、ボークなどで二死二、三塁とチャンスを広げるが、8番代打・石井隆央(1年、高崎中)はセカンドフライに倒れる。(守谷3対2江戸崎総合)

 7回裏、江戸崎総合は再逆転に成功する。先頭の9番・中桐優来(2年、江戸崎中)がセンター前ヒットで出塁すると、送りバントと進塁打で二死三塁とする。ここで守谷は2番手に右サイドスローの金子大貴(1年、石下中)を送る。吉波はファーストの守備に就く。

 続く3番・横田は四球で二死一、三塁とチャンスを広げると、4番・原村のショートゴロはファーストへの悪送球となり1点を返す。さらに二死一、二塁から、5番・藤枝のショートゴロはまたもファーストへの悪送球となり2人のランナーが一気に生還する。

 なおも6番・黒田がレフト前ヒットで二死一、二塁とし、7番・佐々木悠雅(2年、江戸崎中)のライト前ヒットで二走・藤枝が本塁に突入するが、ライト・飯塚の好返球に阻まれる。しかし、江戸崎総合はこの回3点を奪い再逆転に成功する。(守谷3対5江戸崎総合)

 8回裏、江戸崎総合は攻撃の手を緩めない。一死から9番・中桐がセーフティバントで出塁すると、犠打と盗塁と四球で二死一、三塁とする。ここで3番・横田はセンター越え三塁打を放ち、さらに2点を追加する。(守谷3対7江戸崎総合)

 4点差を追う9回表、守谷ベンチからは自陣を鼓舞する大声が響き渡る。その声に後押しされるかのように、先頭の4番・渡辺大がセンター前ヒットで出塁。しかし、後続が倒れ試合終了となる。江戸崎総合が逆転勝ちで死闘を制し、春夏秋を通して初の8強進出を決めた。

 敗れた守谷は、好投手・宮本 優輝に対し、4回までに5つの安打を放ち、3つの四球をもらいながらも、得点には結び付けられなかった。足を使った果敢な攻撃はスタートのタイミングが勝負だが、洗練されたスタートは切れなかった。この点を反省材料とし、春以降、より精度の増した機動力野球を見せてもらいたい。

 1番打者の寺嶋 一也はこの試合でもよく打ったが、得点圏にランナーを置いて寺嶋に打席が回ってくることがなかった。試合中盤以降の守谷は、8番・9番がチャンスメークし寺嶋に回すことができるかどうかがポイントになる。

 また、7回裏のショートの連続悪送球は、本来ファーストが本職ではない投手の吉波が、ファーストに残ったことも影響しているように思う。悪送球ではあったが、ハンドリングの上手なファーストであれば、キャッチできている送球だ。

 一方、江戸崎総合は、エース・宮本の不調を終盤の猛攻でカバーし、逆転勝ちを収めた。宮本はトルネード気味に右足を巻き込み、インステップからスリークウォーターで腕を振り出す変則的なフォームだ。ストレートは120キロ終盤ながら、しっかりと割れの状態を取ってから腕をビュンと振って投げるため、球の出どころが見えづらい。さらに、打者にとって見慣れない軌道を通ってくるため、初見で捉えるのは相当苦労する印象を受けた。

 クロスファイヤーとスライダーを織り交ぜ、まさしく打者を翻弄する。この試合は連投の疲れからか、コントロールに精彩を欠いたが、中2日空いて迎える次戦は修正できるだろう。強力打線を誇る明秀学園日立との対戦が楽しみだ。

 また、4番サード・原村 和輝の左ひざを高く上げてから踏み込み、強烈なスイングをしていた。他にも立ち姿、均整のとれた体躯や、スローイングの安定感は素晴らしく、目を惹く選手である。

(文=伊達 康)