「モスクワからお知らせ。チームのホテルに火災警報。全員がホテルから非難。監督と選手たちはすでに外へ」

バイエルン・ミュンヘンの広報部長であるマルクス・ヘルヴィック氏が、28日21時45分(中央ヨーロッパ時間、以下同)にこのようなツイートでバイエルンが不都合に遭ったことを明かした。

しばらくは恐怖の時間があったはずだ。だが、ペップ・グアルディオラ監督が毛布を肩にかけて携帯電話で様子を撮っている姿の写真から判断するに、すべて問題なかったようだ。

バイエルンは19時50分にモスクワは「リッツカールトン」に到着した。30日に行われるCSKAモスクワとのチャンピオンズリーグ・グループステージ第2節に向け、グアルディオラ監督が試合の2日前に現地入りすることを計画したからだ。

ホテルに到着し、少し落ち着いてから約2時間後、火災警報で外に避難することになった。22時51分に「警報解除の知らせ。監督と選手たちは再びホテルへ。明日は1時間起床を遅らせる」と明かされている。