『パカパカファーム』成功の舞台裏
連載●第41回

2012年の日本ダービーを制したディープブリランテ。同馬はその秋、菊花賞を目指したが、レース直前に屈腱炎(くっけんえん/競走馬にとって「不治の病」と呼ばれる脚部の病気)を発症。無念の引退となった。生産者であるパカパカファームのスタッフたちは、一同にショックを受けながらも、ディープブリランテの未来、種牡馬としての活躍に期待を寄せた――。

 2012年の3歳クラシック最終戦となる菊花賞(京都・芝3000m)。そのレースを目前にして、ディープブリランテの競走生活は幕を閉じた。同馬を生産したパカパカファームの代表ハリー・スウィーニィ氏は、その引退にひどく落ち込んだという。

「ディープブリランテは、まだまだ活躍できると思っていましたから。それだけに、ケガを負って仕方がないとはいえ、非常に残念でした。また、菊花賞の直前ということで、レース当日の観戦に行くスタッフもすでに決まっていて、みんな楽しみにしていたんです。その後に出た引退のニュースでしたから、スタッフたちもかなり落ち込んでいましたね」

 中小牧場にとって、これほどの馬が出てくる機会は滅多にない。生産馬が走るGIレースを見に行けるチャンスなど、本当に貴重と言っていいだろう。そういった意味でも、ディープブリランテの引退は、スタッフたちに大きなショックを与えた。

 しかし、必ずしも悲しいニュースばかりではなかった。引退と同時に、ディープブリランテは種牡馬入りすることが発表された。選ばれし馬だけが向かうことのできる、「第二のステージ」が与えられたのである。

 ディープブリランテの繋養先となったのは、社台スタリオンステーション。同馬の父であるディープインパクトや、2011年の三冠馬オルフェーヴルなど、日本の競馬界を担う種牡馬たちが集まる場所である。ディープブリランテも、その地で種牡馬生活をスタートさせることとなった。

 スウィーニィ氏は、種牡馬としてのディープブリランテにも大きな期待を膨らませていた。

「ブリランテの持っている豊かなスピードや雄大な馬体、走ることに前向きな気性は、種牡馬としてとても大切なもの。また、現役時代は短い距離のレースに出てほしいと思いましたが、それは気性面が理由。スタミナ自体は豊富にあります。何より、ダービーを勝っているんですからね。種牡馬としても十分に活躍できると思っています」

 そして2013年の春、ディープブリランテの種付けがスタートした。種付け料は、120万円。スウィーニィ氏は「ブリランテの種付け料はもっと高くてもいいと思いますよ」と、その評価の低さに苦笑いを浮かべた(※)。ただこれは、同じくサンデーサイレンスの血を持つ種牡馬が多数いることや、父ディープインパクトがまだ種牡馬として最盛期にあるからだろう。

※ディープインパクトの種付け料1500万円は別格だが、人気種牡馬の種付け料はおおよそ200〜700万円。なお、近年種牡馬になった主な馬の初年度の種付け料は以下のとおり。オルフェーヴル=600万円、ルーラーシップ=250万円、エイシンフラッシュ=150万円。

 種付け料は比較的安価だったが、その分、種牡馬ディープブリランテの人気は上々だった。初年度から205頭もの種付けを行なった(ちなみに、トップはディープインパクトの262頭。以下、クロフネの216頭、ダイワメジャーの209頭、ルーラーシップの208頭)。

 それから1年後、2014年1月9日に初仔が誕生。社台コーポレーション白老ファームが管理するラフアップの仔だった。その後、春の出産シーズンを終えるまでに、続々とディープブリランテの仔が各牧場で産声を上げていった。

 パカパカファームでも、繁殖牝馬のタイキメビウスがディープブリランテと配合。今春、その子どもが無事に誕生した。生まれたのは4月30日で、牧場の中で最後の出産という遅生まれながら、体つきのよさが際立っていた。ゆえに、父と同じように、生後わずか2カ月半後のセレクトセールに出されることとなった。

 すぐさまカタログ用の写真撮影も行なった。パカパカファームのあるスタッフが、そのときの仔馬の姿を思い出してこう語った。

「生後日数が経っていないのに、立派に立つところは父(ディープブリランテ)そっくりでした」

 迎えたセレクトセール。7月14日、15日と2日間に渡って行なわれ、ディープブリランテの産駒はトータル10頭が上場された。パカパカファームから出されたタイキメビウスの仔は落札に至らなかったが、他では6頭が落札された。なかでも、ノーザンレーシングから出された母マザーウェルの仔は、3700万円の値が付けられた。初年度の種牡馬としては、まずまずの結果と見ていいだろう。

 だからといって、ディープブリランテの種牡馬生活は決して安泰なものではない。例えば、2002年ダービー馬のタニノギムレットは、ウオッカという名牝を輩出しながら、一時400万円まで高騰した種付け料が2013年には80万円まで下がり、200頭前後だった種付け頭数も81頭まで減少している。2006年の二冠馬(皐月賞、ダービー)メイショウサムソンも、産駒がデビューしてわずか3年だが、その間の産駒の戦績が芳しくなく、当初200万円した種付け料が50万円まで急降下。例年100頭前後だった種付け頭数も32頭(2013年)まで激減した。

 ましてディープブリランテの場合、今後は同じくディープインパクトを父に持つ活躍馬が、種牡馬として続々と生産界に参入してくる。血統構成の近いライバルが多数存在する中で、種牡馬としてその血を伝え続けるのは容易なことではないのだ。が、産まれたときから大きな期待を背負い、その期待に応えたディープブリランテなら、種牡馬としても素晴らしい活躍を見せてくれるはずだ。

 生産者であるパカパカファームのスタッフたちも、それを何より願っている。スウィーニィ氏が同馬への熱い思いを語る。

「ブリランテは、とにかく生まれたときから素晴らしい才能の持ち主。種牡馬としてもきっと成功してくれるでしょう」

 開場から11年でダービー馬を輩出し、注目を集めることになった異色の牧場パカパカファーム。次回からは、そんなパカパカファームの未来を展望していく。

(つづく)

ハリー・スウィーニィ
1961年、アイルランド生まれ。獣医師としてヨーロッパの牧場や厩舎で働くと、1990年に来日。『大樹ファーム』の場長、『待兼牧場』の総支配人を歴任。その後、2001年に『パカパカファーム』を設立。2012年には生産馬のディープブリランテが日本ダービーを制した。

河合力●文 text by Kawai Chikara