ダービージョッキー
大西直宏が読む「3連単のヒモ穴」

 およそ1カ月後に開催される牡馬クラシック最後の一冠、菊花賞(10月26日/京都・芝3000m)。9月21日にはその前哨戦のひとつ、セントライト記念(新潟・芝2200m)が行なわれ、今春の皐月賞馬で、ダービー2着のイスラボニータ(牡3歳)が貫禄勝ちを収めました。以下、弥生賞馬で、皐月賞2着のトゥザワールド(牡3歳)が2着、ダービー4着のタガノグランパ(牡3歳)が3着と、新興勢力の台頭はなく、春の勢力図どおりの決着となりました。

 9月28日にはもうひとつのトライアル、神戸新聞杯(阪神・芝2400m)が開催されます。ここには、3歳世代の頂点に立ったダービー馬、ワンアンドオンリー(牡3歳)が登場。セントライト記念同様に春の実力馬が勝つのか、はたまた夏の上り馬が頭角を現すのか、注目です。

 まず見逃せないのは、ワンアンドオンリー。前走のダービーでは、イスラボニータを徹底マークし、ゴール前できっちり差し切りました。正直、レースの内容的にはイスラボニータのほうが強い競馬をしたと思いますが、ワンアンドオンリーもスタートから仕掛けて好位をキープ。後方一気のそれまでとは違う競馬をしながらも、終(しま)いの脚は最後まで伸びていました。ダービー馬と呼ぶにふさわしい走りを見せたと思います。

 そのダービーから、今回は夏を挟んでの休み明け。どれだけ成長した姿を見せてくれるのか、とても楽しみです。

 ただ一方で、実は心配な点もあります。ダービーのときのように、スタートしてからの行き脚がつくかどうか、です。なにしろ、それまでの競馬では、仕掛けても反応が鈍く、前に行きたくても行けないことが多かったからです。休み明けの今回、その可能性がありそうです。それでもし、好位につけられなかった場合、後方一気の競馬で差し切ることができるのか、やや気がかりです。

 このワンアンドオンリーに迫る存在としては、ある意味「新興勢力」と言える、サトノアラジン(牡3歳)が気になります。

 そもそもサトノアラジンは、2歳時にはワンアンドオンリーよりも評価の高い馬でした。実際、ラジオNIKKEI杯2歳S(2013年12月21日/阪神・芝2000m)では、1番人気に推されていました。結果的には、スムーズな競馬ができずに3着と敗れましたが、勝ったワンアンドオンリーと勝負づけがついたような内容ではありませんでした。しかしその後、年明け初戦の共同通信杯(2月24日/東京・芝1800m)でも3着、500万下の自己条件のレース(3月15日/阪神・芝2400m)でも2着と、勝ち切れないイメージがついてしまいました。

 これには、理由があると思います。

 おそらく陣営としては、共同通信杯を勝つか、最低でも2着を確保して賞金を加算し、皐月賞トライアルに進む青写真を描いていたと思います。だからこそ、レース前の追い切りもびっしり行なって、ここが勝負という仕上げをしていました。ところが、共同通信杯の開催日(2月16日)に大雪が降って、レースは翌週に順延されてしまったのです。

 輸送を2度行なう負担は避けられましたが、目標としていたレースが1週でもスライドすれば、さすがに影響は出ます。レースに向けて、万全の態勢を整えていればなおさらです。事実、サトノアラジンは1週延びたレースで、ストレスを溜めたような感じで、煮え切らない走りを見せていました。結果、ここでリズムを崩してしまったことが響いて、続く自己条件でも敗れてしまったのではないでしょうか。

 その後、陣営は思い切ってサトノアラジンを休養させました。これは、英断です。通常、これほどの評判馬であれば、何とかクラシック、せめてダービーには出走させようと、無理して使ってしまいがち。その場合、得てしていい結果は出ないものです。

 翻(ひるがえ)って、春のクラシックシーズンの間、十分に英気を養ったサトノアラジンは、休み明けで素晴らしいレースを披露。以前のような勝負弱い一面が払拭されて、圧倒的な強さで500万下、1000万下の条件戦を連勝してきました。

 特に前走の九州スポーツ杯(8月9日/小倉・芝2000m)では、重賞2着の経験があり、準オープン(1600万下)勝ちもあるバッドボーイ(牡4歳)や、1000万下の条件戦を勝っている降級馬のカナロア(牡5歳)などを子ども扱い。実質準オープンかオープンと言える強力メンバー相手に快勝した実力は、本物と言えるでしょう。実績ではワンアンドオンリーに水をあけられてしまいましたが、今回は好勝負を演じてもおかしくありません。

 まともならば、上記2頭が抜けているように感じますが、2頭とは未対戦のヴォルシェーブ(牡3歳)を、今回の「ヒモ穴馬」として取り上げたいと思います。

 同馬は新馬戦を快勝後、2戦目の黄菊賞(5着。2013年11月9日/京都・芝1800m)では、トゥザワールドに敗戦。3戦目のエリカ賞(2着。2013年12月7日/阪神・芝2000m)でも快速馬バンドワゴン(牡3歳)に完敗しました。年明けの京成杯(1月19日/中山・芝2000m)でも6着と、一線級相手には歯が立たない印象がありました。

 しかしそのあと、自己条件(500万下)のセントポーリア賞(2月23日/東京・芝2000m)を勝って休養すると、復帰戦となる1000万下の芦ノ湖特別(6月22日/東京・芝2400m)を快勝。ひと皮むけたレース内容を見せてくれました。休養期間をとったことが、この馬を大きく成長させたのだと思います。

 先述のサトノアラジン同様、皐月賞、ダービーという春のクラシックを早々に諦めて、成長を促したことが功を奏しましたね。これも、陣営の英断だと思います。夏を越してさらにパワーアップしていれば、今度は一線級相手でもヒケをとらないと思います。本当に楽しみな存在です。