力投を見せたマリナーズ・岩隈

負ければPO進出の望みが断たれていたマリナーズ

 マリナーズの岩隈久志投手が26日(日本時間27日)のエンゼルス戦で6回1/3を4安打4奪三振無四球2失点の好投でメジャー自己最多の15勝目(9敗)を挙げた。4-3で勝利したマリナーズは連勝。ワイルドカードでのプレーオフ進出の可能性をつなぐ力投を見せた岩隈を、チームはこの日のMVPに選出し、公式ツイッターで伝えている。

「クマは6回以上を投げ、勝利を挙げた。彼が今夜のプレイヤー・オブ・ザ・デイだ」とし、力投する写真とともに伝えている。

 ワイルドカード争いで先行するアスレチックスがこの日のレンジャーズ戦で6-2で勝利していたために、この日、マリナーズは負ければプレーオフ進出の可能性が消滅する崖っぷちの状況だった。マリナーズは2001年を最後にプレーオフ進出を逃し続けているが、これはブルージェイズに次ぐ不名誉な記録だという。

 地元紙シアトル・タイムズは岩隈が強行出場だったことを報じている。

マリナーズ監督も「今季序盤の姿を取り戻した」と高く評価

「マリナーズはホームランの炸裂とヒサシ イワクマの背に乗り、この1日を乗り切った」とその力投を称えながらも、「イワクマはここ数試合苦しんでいた。この試合までの6戦で6回以上投げたのはわずか1回。鼠蹊部(股関節周辺)と背中の問題で100%の状態とは言えなかった」とコンディション面で不調を抱えていた様子を伝えている。岩隈自身もバランスが悪くなっていると語っていたという。

 ロイド・マクレンドン監督も岩隈に関してはどのような投球を見せてくれるのか、想像がつかないと不安を漏らしていたというが、「エンゼルス戦では今季序盤の姿を取り戻したかのように見えた」と今季レギュラーシーズン最後の登板での復調を高く評価している。

 地元紙ニュース・トリビューンも「生き残っている。岩隈と3本のホームランでエンゼルスを撃破。プレーオフの可能性はわずかに残る」との見出しで特集している。

 最後の最後で昨季の14勝を上回り、今季防御率3・52とした岩隈。プレーオフのマウンドでもその勇姿を見せることができるのか。マリナーズのPO進出は他力本願の状況だが、その可能性はゼロではない。