木曜10時に放送されていた『昼顔〜平日午後3時の恋人たち〜』(フジテレビ系)。夫のいない昼間に不倫をする妻を描いたこのドラマは、テレビの前の主婦たちの心をがっつり掴み、高視聴率を記録した。その人気からも解るように、実際に不倫してしまう主婦たちは、決して少なくない。

 子供を産んで母になった後に「昼顔妻」になってしまう主婦がいる。千葉県在住の専業主婦・雅美さん(仮名、38才)は商社勤務の夫(39才)と8年前に結婚。長男(4才)と長女(2才)を出産し4人で暮らしている。

 毎朝午前6時に起床して、夫の朝食を作り玄関まで見送った後、子供たちを起こし、2回目の朝食。午前9時になると幼稚園まで長男を送り届け、ママ友と井戸端会議を楽しむ。最近の話題はもっぱら『昼顔』だ。

「夫の前だと見られないから、みんな録画して夫がいない昼間に見ています。ママ友同士で“現実にはあり得ないから憧れる”と言い合って盛り上がっています」(雅美さん、以下「」内同)

 そのときに「うんうん」と一緒にうなずく雅美さんの内心は違う。彼女には結婚1年目から不倫している男性がいる。友達が開いた飲み会で知り合った営業職のサラリーマンだ。7才年上で妻子持ち。

 まだ子供が生まれる前の自由な時間があった時、食事を重ねていくうちにどちらからともなくそんな関係になった。

 子供を産んだ前後半年間は会わなかったが、それ以外は毎月1回逢瀬を重ねている。4年前に子供を産んでから、会う時間は平日の昼間になった。車で15分ほど離れた実家の母に子供を預けて、不倫をしていた。

「“友達とランチに行くから”と嘘をついて1時間かけて電車で都内へ行きます。相手は営業なので、“得意先に行く”などと会社に言っているそうです」

 駅で待ち合わせをして、ランチを食べて、ラブホテルへ行く。

「90分の休憩時間が終わると、女から母モードに切り替えて実家に急ぎます。長男が幼稚園に通う今は午後3時までに迎えに行かなければいけないので時にはダッシュします(笑い)」

『昼顔』のセリフに「不倫はね、することの罪よりバレることの罪の方が大きい」とあったように、雅美さんはバレないためのルールを作って徹底している。

【不倫相手とのメールはすぐに消す】
「ガラケーなのでLINEは使わずにメールでやりとりします。読んだらすぐに消す」

【会う日は手帳に『○』印】
「いつ会うかやりとりしたメールも消すので、忘れないように手帳にメモします。その際は日にちに『○』印と時間だけを書くなど、夫が見てもわからないようにします」

【土日はメールをしない】
「週末はお互いに結婚相手が家にいるので、メールを見られる可能性があるので連絡しません」

【ホテルでは石けんやシャンプーを使わない】
「お風呂上がりのいい匂いをさせて昼下がりに幼稚園や実家に行ったら怪しまれます」

【不倫相手と会うときはおしゃれをしない】
「化粧を濃くしたり、おしゃれな服を着たりして家を出ると、近所のママ友たちに何かおかしいと気づかれてしまう気がするんです。デニムにシャツくらいの服装で出かけます」

 その“努力”もあって、夫だけでなく周りの誰にもバレていないという。なぜそこまでして不倫を継続するのか。

「平凡な毎日ではつまらない。スリルがあってドキドキしたい。ストレス解消にも役立ちます。不倫をしてなかった子育て期間は、ストレスフルで子供や夫に当たってばっかりいました」

 雅美さんはずっと不倫関係を続けていくつもりだという。

※女性セブン2014年10月9日号