ジャック・マー会長 大株主・孫正義の役もあるか?Photo by Jemal Countess/Getty Images

写真拡大

中国のアリババグループの創始者ジャック・マー会長の伝記映画企画が進行中だと、Deadlineが報じた。

アリババといえばニューヨーク証券取引所に上場し、初日に2310億ドルという驚異的な時価総額に達したことで知られている。中国でナンバーワンの富豪となったマー会長を題材にした映画企画がすでに進行中で、すでにブルース・フィアスティン(「007 ゴールデンアイ」)が執筆した脚本が存在するという。

内容は、1972年のリチャード・ニクソン大統領による中国訪問に影響を受けた子ども時代から、1999年のアリババの創業、中国市場を巡る米イーベイとの戦いなどが描かれるそうだ。プロデューサーは「ラリー・フリント」、「ハイ・クライムズ」のジャネット・ヤンで、中国と外国との合作映画としての実現を目指しているという。

■関連記事
逃亡中のアサンジ氏、予言的中 ウィキリークス映画が大コケ
D・フィンチャー監督最新作「ゴーン・ガール」、第2弾予告&ポスタービジュアル公開
アーロン・ソーキン「マネー・ボール」原作者の金融ノンフィクションを脚色
ジョセフ・ゴードン=レビット、オリバー・ストーン監督の新作でエドワード・スノーデンに?
第3のスティーブ・ジョブズ映画「iSteve」が無料公開