サラ・ハイランド&マット・プロコップ

写真拡大

大人気コメディドラマ『モダン・ファミリー』でヘイリー役を演じるサラ・ハイランドが、元恋人に対して接近禁止令を申し立てていることが明らかとなった。

【関連記事】大人気の『モダン・ファミリー』。今年のエミー賞結果を振り返る

米E!Onlineによると、サラと俳優マット・プロコップ(『ハイスクール・ミュージカル』)は、先月末、5年間にわたる交際に終止符を打った。そして今月19日(金)、サラが裁判所にマットの暴言と暴力を理由に、彼に対する接近禁止令を申請。提出された申請書には、「マットは絶え間なく、脅迫じみて悪意に満ちたメールや留守電をよこしてきます。なかには自殺をほのめかすものもありました」と記されている。そして今年5月、二人が口論した際、マットは汚い言葉を罵りながらサラの首を絞め上げたとのことで、「彼の力はとても強く、呼吸することも声を出すこともできずに命の危険を感じました」とも付け加えられている。

サラはマットに別れを切りだす時、『モダン・ファミリー』でヘイリーの母クレアを演じるジュリー・ボーウェンに一緒にいてほしいと頼んだそうだ。別れ話の場に、第三者がいることに激怒したマットの様子を見たジュリーは、サラに"自宅にいては危険だ"とアドバイスしたという。ジュリーは、シーズン3にゲスト出演したことがあるマットとすでに面識があり、以前からジュリーはマットのことを快く思っていなかったようだ。

来月10日(金)に接近禁止令の審理が行われる予定で、今のところマットは、サラと彼女の犬の100ヤード(約91メートル)以内に近づくことを禁じられている。(海外ドラマNAVI)

■関連記事・『モダン・ファミリー』サラ・ハイランドが腎臓移植を受けていたことを告白『モダン・ファミリー』ジュリー・ボーウェン、役柄から学ぶ子育ての秘訣とは?今年もエミー賞13部門にノミネート。爆笑コメディー『モダン・ファミリー』シーズン3が待望の日本初放送へ!