写真提供:マイナビニュース

写真拡大

10月11日公開の映画『ザ・テノール 真実の物語』の完成披露試写会が25日、東京・有楽町の丸の内ピカデリーで行われ、ユ・ジテ、伊勢谷友介、北乃きい、キム・サンマン監督が出席した。

日韓合作の本作は、韓国人で声を失った天才オペラ歌手べー・チェチョルと彼の声を愛した日本人音楽プロデューサーとの絆を描いた、実話から生まれた奇跡の物語。天才オペラ歌手べー・チェチョルを、『オールド・ボーイ』の犯人役で鮮烈な印象を残した韓国の演技派俳優ユ・ジテ、絶望の底にあるチェチョルを献身的にサポートする音楽プロデューサー役を伊勢谷友介、そして持ち前の明るさと行動力で沢田をサポートする音楽事務所の新入社員を北乃きいが演じ、日韓の豪華キャストが競演を果たした。

主演のユ・ジテは、共演を楽しみにしていたという伊勢谷の印象を「現場ではいつも周りを盛り上げてくれて楽しく撮影することができました」と絶賛。伊勢谷も「何よりも彼が自分の命をどう使うか、実行が伴っていました。そういう人に国を越えて出会えたことはすごく幸せでした」と真面目に語るも「彼はすごく真面目でちゃんとしている。僕が持っていないものを持っていますよ。彼には奥さんがいて僕にはいない。差が生まれていると思いますね」と自虐ネタを挟んで会場は大盛り上がり。また、北乃が「伊勢谷さんはストイックな俳優さんで、現場で勉強になることがあり、後ろでそれを見て学んでいました」と語ると、伊勢谷も「本当に真面目。一つ一つのシーンを全力で演技するから緊張感も生まれ、本当に素晴らしい女優さんでした。見た目は可愛らしい女の子の印象でしたが、気遣いは僕の比じゃない。この2人に支えられました」と感謝の言葉を口にした。

本作は10月2日より開催される第19回釜山国際映画祭で"韓国映画の今日-パノラマ部門"の正式上映作品。日韓共作が難しい現状で「個人個人が愛情を持って接すれば分かることがたくさんあるし未来の希望も変わる」とコメントした伊勢谷は「日本の方はもちろんですが、韓国でもそういう(チェチョルに惚れ込んだ)日本人がいたことをご覧になっていただき、少しでも日本の印象が変われば嬉しいですね」と冷え込んでいる日韓関係に少しでも変化の兆しが現れることを切望。最後に「(自身が出演している)『るろうに剣心』以上に見てください!」とアピールしてステージを後にした。映画『ザ・テノール 真実の物語』は、10月11日より新宿ピカデリー、東劇ほか全国公開。