「祝宴!シェフ」の一場面(C)2013 1 PRODUCTION FILM COMPANY. ALL RIGHTS RESERVED.

写真拡大

台湾コメディ映画の名手チェン・ユーシュン監督が16年ぶりにメガホンをとった美食コメディ映画「祝宴!シェフ」の特別映像を映画.comが独占入手した。撮影で使われた数々の台湾宴席料理の映像と共に、ユーシュン監督らが作品を語っている。

総舗師(ツォンポーサイ)と呼ばれる台湾宴席料理人のなかでも、伝説の料理人を父にもつシャオワンは、料理を嫌い、モデルを夢見て家を飛び出すが、父の死をきっかけに帰郷。亡き父の料理に込める思いに心を動かされ、時代の流れのなかで衰退の一途をたどる宴席料理を復興させようと、料理初心者ながら全国宴席料理大会への出場を決意する。

特別映像の中で、ユーシュン監督は「“料理”をテーマにした映画をずっと撮りたかった」と明かし、プロデューサーのリー・イエは「脚本を読んで虜になった」と同作の魅力を語っている。監督自身が身振り手振りで演技指導し、主人公シャオワンを演じる美人女優キミ・シアが惜しげもなく変顔を披露したり、ベテラン俳優ウー・ニェンツェンが「僕には風格があると思っていたのに、なぜホームレスの格好を…」と語るなど、監督自身も「笑いをこらえきれない」というほど笑いにあふれた撮影風景が収められている。

「祝宴!シェフ」は、11月1日から東京・シネマート新宿、ヒューマントラストシネマ有楽町ほか全国で公開。

■関連記事
【動画】「祝宴!シェフ」特別映像
台湾映画の「今」を伝える「2014年第16回台北映画祭」レポート
ロバート秋山、熟女好きは健在「ムチムチしたヒロインのお母さんが…」 公開アフレコに初挑戦
チェン・ユーシュン監督16年ぶりの新作 台南舞台の料理コメディ「祝宴!シェフ」予告編
【作品情報】「祝宴!シェフ」