豪華キャストがずらり勢ぞろい

写真拡大

井上真央主演の2015年度NHK大河ドラマ「花燃ゆ」の追加キャスト発表会が9月22日同局であり、松坂慶子、かたせ梨乃、麻生祐未、井川遥、若村麻由美、高橋英樹、内藤剛志、佐藤隆太、宮崎香蓮、小島藤子の出演が決定、井川をのぞくキャスト9人と井上が会見した。

長州藩の貧しい武家に生まれ、吉田松陰を兄に持った主人公・文が様々な人と出会い、別れ、動乱の幕末を生きていくさまを描く。

藩主・毛利敬親の正室・都美子を演じる松坂は「普段はしっかり者の真央ちゃんに頼ってますが、毛利家に真央ちゃんをお迎えしての日々を楽しみにしています」とニッコリ。井上とは2012年の映画「綱引いちゃった!」で母娘を演じ、再共演となるが「ごらんの通り、しっかり者ですから、現場の空気も良くてとても仕事がしやすいです」と井上を絶賛。井上も「松坂さんとは(『綱引いちゃった!』で)ジャージで一緒に綱引きやってたのに、今回は大奥の主と守役ということで(笑)」と前回とは全く異なる設定での共演が楽しみのよう。

宮崎は伊藤博文の最初の妻・すみ、小島は松下村塾の塾生の吉田稔麿の妹・ふさを演じており、共に大河ドラマ初出演。宮崎は「中学の頃から『いつか大河に』と思い、(時代劇のために)ピアスの穴もあけずに待ってました」、小島は「まだ今もフワフワと夢心地です」とそれぞれに喜びを語る。

高橋は松陰をはじめ、長州藩の命運を大きく左右する幕府の大老・井伊直弼を演じるが、師の二代目尾上松緑が大河ドラマ第1作目「花の生涯」で同役を演じたことに触れ「51年経って、弟子の私が演じさせていただけるのは非常に嬉しい」と感慨深げだった。

井上は松坂をはじめ、かたせ、若村、麻生という先輩女優陣に囲まれ「いい女になれそうな気がします」と笑みを漏らす。すでに8月よりクランクインし「いまは『男はつらいよ』のように寅兄(=松陰/伊勢谷友介)が『大変だ!』と言ってるホームドラマですが、(松坂らとの共演の中盤以降)ブラック文が見えるかも(笑)」と楽しそうに語っていた。

「花燃ゆ」は2015年1月4日放送開始。

■関連記事
【フォトギャラリー】
井上真央、大河ドラマ「花燃ゆ」は「幕末版『男はつらいよ』みたい」
井上真央「アンパンマン」声優挑戦で受け継いだ、やなせたかしさんの遺志
井上真央、池上彰と初タッグ!テレ東50周年特番で“案内人”
杏から「アン」吉高由里子に朝ドラヒロインバトンタッチ!