「バクマン。」に出演する(左から)桐谷健太、新井浩文、皆川猿時(C)映画「バクマン。」製作委員会(C)大場つぐみ・小畑健/集英社

写真拡大

俳優の桐谷健太、新井浩文、皆川猿時が、佐藤健と神木隆之介のダブル主演で大根仁監督がメガホンをとる「バクマン。」に漫画家役で出演していることがわかった。

桐谷は長髪にニット帽がトレードマークの福田真太、新井は異色系漫画家の平丸一也、皆川は無精ひげに肥満体型の中井巧朗に扮し、最高(佐藤)&秋人(神木)とともに「週刊少年ジャンプ」連載を目指して切磋琢磨する。このほど、原作を忠実に再現したキャラクターと衣装に身を包んだ3人の劇中カットが、一挙に公開された。

それぞれの役どころについて、桐谷は「勢いがあって周りを巻き込んで引っ張っていくエネルギーがあるキャラクター。動物的というか、感覚で入ってやれたので演じていてすごく気持ちが良かったです」と述懐。新井は、「今までにいろんな原作の映画を過去にやってきましたが、これだけ原作が好きで、なおかつ一番好きなキャラクターを演じたのは、今回が初めてでした」と明かす。それだけに「演じるにあたっては、思い入れが強すぎるので原作に引きずられ過ぎないように心がけました」と語った。

漫画家になる夢を追い続ける、アシスタント歴15年という役どころを得た皆川。「すごく真面目だし一生懸命なんだけど、まったく報われない感じが好き」だといい、「演じるにあたって、文化系のなよっとした男性をイメージしながら、ちょっと女性的な感じも端々に入れてみました」と役作りについて説明している。

累計発行部数1500万部を突破する人気漫画を映画化するもので、原作は大場つぐみ氏、作画・小畑健氏が担当。秀才で漫画原作作家を志望する秋人から「俺と組んで漫画家にならないか」と誘われた最高だが、当初は拒絶。しかし、声優を目指す片思いのクラスメイト・亜豆美保(小松菜奈)と「漫画家として、声優として、お互いの夢が実現したら結婚する」約束をしたため、漫画家への道を志すことになる。しかし、少年ジャンプ連載を目指し漫画づくりに明け暮れる2人の前には、弱冠17歳のライバル・新妻エイジをはじめ、次々と新進気鋭のライバルたちが出演する。

「バクマン。」は、2015年に全国で公開。

■関連記事
佐藤健&神木隆之介、天才漫画家コンビに挑戦!大根仁監督「バクマン。」を映画化
桐谷健太、WOWOWドラマで親友監督と念願タッグ「代表作になれば」
「寄生獣」深津絵里&東出昌大、顔割れ“パラサイト”ビジュアル初公開!
「寄生獣」に原作イメージ通りの豪華キャスト結集!浅野忠信、東出昌大ら
松尾スズキ監督「ジヌよさらば」撮了!10年ぶりタッグの松田龍平も手ごたえ