ミランダ・カー

写真拡大

世界で影響力のあるファッション誌の一つ『VOGUE』の日本版『VOGUE JAPAN』。その創刊15周年アニバーサリー企画第三弾として、9月27日(土)発売の11月号では、世界的フォトグラファー、マリオ・テスティーノが撮影・編集を務め、ミランダ・カーが表紙を飾ることがわかった。

【関連記事】こんなにいるんです!モデル出身の役者たち<前編>

マリオ・テスティーノは特別号のテーマに「オブセッション――物事へのこだわりや何かをひたむきに追及する姿勢」を選び、次のように語っている。「80年代からたびたび日本を訪れているが、初めて来日したときから日本との精神的なつながりを深く感じている。日本人はさまざまなレベルにおいて、何をするにしても揺るぎない絶対的な信念を持っているということに気づいた。これは日本人のある種のこだわり、一途さなのだと私は考えている。私自身、人生において、またキャリアにおいて、このような生き方を追求してきたつもりだ」。

そして表紙を飾るのは、世界的スーパーモデルのミランダ・カー。今回の特集では、日本文化を代表する3つのテーマである「芸者、侍、漫画」をテーマに、キャラクターを演じ分ける。さらにミランダ自身の言葉で語られる、マリオとの撮影、"第二の故郷"とまで言う日本への思い、美しさの秘訣などについてインタビューを掲載。ミランダ・カーは、マリオ・テスティーノについて「彼は温かい人柄で、その優しさが周りの人にも広がっていくの。すごくエネルギーがあって、コラボレーションをする相手としても、とてもすばらしい人よ。私が自分の中に落とし込んだものに、耳を傾けてくれる。チームが一丸となって取り組むことができれば、みんなで最高の結果を生み出すことができると思うの。それが理想」と語っている。

『VOGUE JAPAN』11月号は9月27日(土)発売。なお、マリオ・テスティーノがミランダの魅力を捉える表紙撮影の模様は、『VOGUE JAPAN』インスタグラムおよび公式サイトにて公開中。(海外ドラマNAVI)

■関連記事・ディアナ・アグロン、ファッション誌NYLONの表紙を飾る!『アグリー・ベティ』の同窓会を、製作総指揮のサルマ・ハエックが熱望!映画やドラマで「魅せる!」メイクアップ・アーティストたち、知られざる、その凄みに迫る!!(前編)