若妻と美しい青年の純愛を描く(C)2014 FIDELITE FILMS WILD BUNCH  SCOPE PICTURES

写真拡大

「髪結いの亭主」、「仕立て屋の恋」のパトリス・ルコント監督の最新作「A Promis(原題)」が邦題「暮れ逢い」として2015年正月に公開が決定、最新ビジュアルがお披露目された。

ルコント監督初の英語劇となる本作は、「マリー・アントワネット」で知られる作家、シュテファン・ツバイクの短編小説「Journey into the Past」が原作。第1次世界大戦前夜のドイツを舞台に、裕福で優しい夫と可愛い息子がいながらも、孤独を抱える若妻と、秘書の美しい青年の8年間にわたる純愛を描く。

初老の実業家ホフマイスターの屋敷に、秘書としてやってきた青年フリドリックと若妻ロットは、触れあうことはもちろん、愛を口にすることも出来ずにひかれあう。ある日、フリドリックの転勤が決まり、お互いに胸にしまいこんでいた気持ちが溢れ出す。2年後に愛を誓い合う約束を交わすが、直後に訪れた戦争により、ふたりの運命が大きく揺れ動く。

「それでも恋するバルセロナ」、「アイアンマン3」のレベッカ・ホールがヒロインの若妻ロット、「ハリー・ポッター」のアラン・リックマンが夫の実業家をいぶし銀の演技で体現し、色気たっぷりな野性的な青年をリチャード・マッデンが演じる。「ベティ・ブルー/愛と激情の日々」、「善き人のためのソナタ」などで知られるガブリエル・ヤレドが音楽を担当し、ベートーべンのピアノソナタ第8番ハ短調「悲愴」の甘美で切ない旋律が劇中で奏でられ、深い余韻を残す。

「暮れ逢い」は2015年正月シネスイッチ銀座ほか全国順次公開。

■関連記事
パトリス・ルコント監督の初アニメ製作の裏側をメイキングでたどる
【インタビュー】名匠パトリス・ルコント、初のアニメーション作品を語る
来日したパトリス・ルコント監督が初のアニメ作品を解説 アニメ第2作概要も明かす
パトリス・ルコント監督、初の英語映画ヒロインにレベッカ・ホール
パトリス・ルコントが認めた、メキシコ新星女性監督のデビュー作「マルタのことづけ」公開