写真提供:マイナビニュース

写真拡大

女優・市川由衣が8年ぶりの単独主演を務めた映画『海を感じる時』が、一時は別の女優で話が進んでいたことが、このほど明らかになった。

今月13日に公開をスタートした『海を感じる時』。作家・中沢けいの同名小説を原作に、愛を知らない少女・恵美子(市川由衣)が一人の男性・洋(池松壮亮)と出会い、大人の女性へと目覚めていく姿を描いた。市川にとって、2006年の『サイレン 〜FORBIDDEN SIREN〜』以来の単独主演作となり、濃厚なラブシーンも体当たりで演じた。

昨年の3月からマネージャーが代わって以降、市川のブログは、本人とマネージャーがそれぞれ更新している。そのマネージャーが20日付のブログで、「由衣にお話頂く一年以上前に、池松さんと違う方で話が進んでいて、衣装合わせもして、クランクイン1週間前に撮影中止になったようなのです」と告白。「でも、池松さんが、この作品をどうしてもやりたい!という熱意や、プロデューサーの成田さん、安藤監督の使命感からか、、1年繰り越し…そして、由衣にお話を頂きました」とも明かし、「不思議な縁ですよね」と心境を伝えた。

また、「由衣とも話してたのですが、1年前だったら、マネージャーも私ではなく、男性だったので、この話が由衣まで届いたかもわからないよね…と。 ※悪い意味ではなくて、男性と女性の考えは違うので」と分析し、「つくづく縁だな…」。原作の中沢氏の言葉「この作品がなかなか実現されなかったのは、市川さんと池松さんが生まれてくるのを待ってたんだと思う…」に触れ、「これ以上ない嬉しいお言葉です」と感謝の気持ちをつづっている。