『ベイマックス』前売鑑賞券プレゼント特製フワぷにストラップ

写真拡大

12月20日(土)に全国公開するウォルト・ディズニー・アニメーション・スタジオの最新作『ベイマックス』。本作の前売券の発売数が、先週の発売開始からの2日間の集計では『アナと雪の女王』対比でおよそ3倍の数値が出ていることがわかった。

【関連記事】意外と知られていない!? ディズニーアニメの声の主は海外ドラマでおなじみの俳優たち!

全国主要ロードショー25館の前売券販売集計によると、2日間の販売数は876枚。これは、昨年11月24日の全米公開時に全国の劇場で発売を開始し、興収254億円を記録して驚異的大ヒットとなった『アナと雪の女王』の320%もの売れ行きとなる。引き続き今週末の動きが気になるところだ。

過去のディズニーヒット作を見ても、通常は「キャラクターと設定」が認知されているシリーズ作品以外でこれほどの初動となることは珍しい。『ベイマックス』はサンフランシスコと東京を融合して作られた架空都市"サンフランソウキョウ"を舞台に、愛らしさ満載の"フワぷに"ボディで心とカラダを守るケア・ロボット"ベイマックス"が活躍する感動作。その設定と期待値は大人の層を中心に非常に高く、一般券が75%を占めている。

この驚異的な売れ行きは、前売プレゼントの「特製フワぷにストラップ」による効果も大きいとか。これを手に入れた人々は「かわいくてぷにぷにしててきもちいい」「握るだけでも癒される」「おモチみたいで可愛い!」「フワぷにストラップ欲しさにベイマックス前売りゲット」と、早くもベイマックスに「ケア」されている様子。思い思いの場所へこのベイマックスを連れて行き、撮影した写真をTwitterで公開するなど、映画公開に先駆け早くも盛り上がりをみせている。

本作は10月23日(木)〜31日(金)に開催される第27回東京国際映画祭のオープニング作品にもなっており、注目を集めている。

映画『ベイマックス』は12月20日(土)全国ロードショー(海外ドラマNAVI)

■関連記事・『アナ雪』アトラクションがフロリダのディズニーワールドにて2016年オープン!『アナ雪』から『マレフィセント』へ。ディズニー映画が週末興収NO.1を記録し続けるエルサ役もついに決定! 『ワンス・アポン・ア・タイム』に登場する『アナ雪』キャラ3人の配役が決まる!