夏の疲れをデトックス! 体内毒素とお別れするための3つのルール

写真拡大

夏の疲れと共に残ってしまうのが、体内の老廃物。疲労や体調不良が原因でリンパ液の循環が滞ると、体内の老廃物が溜まり肌荒れや便秘などのトラブルを引き起こす原因になってしまいます。そんなときに欠かせないのがデトックス。デトックスには、美容だけなく疲労回復や健康促進などさまざまな効果が期待できます。今日は体内毒素を排出するために知っておきたい、3つのデトックス・ルールをご紹介します。

ルールその壱:寝起きにレモン水

寝起きに飲むレモン水は、デトックスに必要なアイテム! 朝起きたら、まず温めのお湯に半分に切ったレモンを搾り、レモン水をつくります。レモン水をゆっくりと飲む方が効果的です。レモン汁には身体に不要な物質や毒素を体外へ排出する効果があります。また、肝臓内の胆汁の生成を促し、生成された胆汁酸は消化酵素の働きを助け、胸焼けやげっぷなど消化不良のリスクを軽減してくれます。デトックス効果以外にもレモン水には、肌の老化を防ぐ、免疫力を高める、口臭を防ぐ、目覚めをすっきりさせるなどさまざまな効果が期待できます。レモンの酸味が食欲を抑制するので、ダイエットにも効果的です。

ルールその弐:朝食はグリーンスムージー

デトックスに絶対欠かせないのが、朝食のスムージー! 緑葉野菜には含まれるクロロフィルには、肝障害の原因となる毒素を除外する作用があるので、グリーンスムージーはデトックス効果が大! 寝起きは腸の働きが活発なため、朝食にグリーンスムージーを1杯飲めば、便秘改善効果を発揮してくれます。とくにクロロフィルを豊富に含むのはホウレン草や小松菜、春菊、パセリなど。オススメメニューはケールやホウレン草にパイナップルとパパイヤを加えたフルーティーなスムージーです!

ルールその参:ランチ前にフルーツ

ビタミン、抗酸化物質、酵素、食物繊維などを豊富に含むフルーツは、デトックス効果も大。バナナやプルーン、スイカには利尿作用があるので、尿から体内毒素を排出する効果があります。メロンはデトックスには欠かせない肝機能の働きを高めてくれます。リンゴ、バナナ、パイナップルは、豊富に含まれる食物繊維でデトックス効果大! フルーツは、デトックス作用を促すだけでなく、エネルギーを高め、消化にもよいのでお手軽に栄養補給ができるのが嬉しいところ。ランチ前にフルーツを食べることで、ランチの食べすぎ防止にも効果的です。