「トム・アット・ザ・ファーム」の一場面(C)2013 8290849 Canada INC. (une filiale de MIFILIFIMS Inc.)MK2 FILMS / ARTE France Cinema (C)Clara Palardy

写真拡大

カナダの若き俊英グザビエ・ドラン監督が初めて手がけたサスペンス映画「トム・アット・ザ・ファーム」の日本版予告編が公開された。

恋人ギョームを亡くしたトムは、葬儀に出席するためギョームの故郷を訪れる。しかし、ギョームの母は息子の同性の恋人だったトムの存在を知らず、息子の恋人はサラという女性だと信じている。トムの存在を知るギョームの兄フランシスは、トムに恋人であることを隠すよう強要。反発を覚えたトムだったが、次第にフランシスの中に亡き恋人の姿を重ねるようになる。ケベック州の田園地帯の閉鎖的な家族と地域を舞台に描いた心理サスペンスで、同名戯曲にほれ込んだドラン監督がトム役を演じ、舞台版で母親役を演じたリズ・ロワらを迎え映画化した。

予告編は、ギョームの葬儀シーンからスタート。居心地の悪さを感じるトムの表情から一転し、怒りに震えるギヨームの母親と、高圧的な態度でトムに農場で働くよう強いる兄フランシスの姿を映し、暴力に満ちたギヨーム家でトムが経験する出来事を緊張感あふれる映像で示唆する。

「トム・アット・ザ・ファーム」は、10月25日から新宿シネマカリテ、ヒューマントラストシネマ有楽町、渋谷アップリンクほか、全国順次公開。

■関連記事
【動画】「トム・アット・ザ・ファーム」予告編
第67回カンヌ映画祭 レベルの高い作品そろうがサプライズは少なめ
「わたしはロランス」グザビエ・ドラン、19歳で描いた初監督作11月公開
「わたしはロランス」カナダ出身の新鋭グザビエ・ドラン監督に聞く
ナタリー・バイ、「わたしはロランス」の新鋭監督を大絶賛「彼は天才です」