国際捕鯨委員会で日本の調査捕鯨に対する検討過程の強化が賛成多数で可決

ざっくり言うと

  • 国際捕鯨委員会は18日、調査捕鯨に対する検討を強化する決議を可決した
  • 日本の新たな調査捕鯨の計画に、影響が及ぶ可能性があるとみられている
  • ICJの判決後、政府は15〜16年の「調査捕鯨」を再開する方針を表明している

提供社の都合により、削除されました。
概要のみ掲載しております。

関連ニュース

ランキング