18日、揚子晩報網は韓国の仁川で、アジア大会の開幕前から韓国人女性に対するセクハラが横行していることについて、「どうしてこんなにセクハラ事件が起きるのか?韓国には美女が多すぎるとでも言うのか?」と伝えている。写真は韓国の若者。

写真拡大

2014年9月18日、揚子晩報網は韓国の仁川で、アジア大会の開幕前から韓国人女性に対するセクハラが横行していることについて、「どうしてこんなにセクハラ事件が起きるのか?韓国には美女が多すぎるとでも言うのか?」と伝えている。

【その他の写真】

韓国安山檀園警察署は16日、サッカー男子イラン代表チームの用具係の男をセクハラ行為を行ったとして立件した。男は20歳前後のボランティア女性に写真を撮ろうと近づき、体を触った疑いが持たれている。また、17日にはパレスチナ人のサッカー選手2人が、選手村のランドリールームで20代の女性の腰と胸を触った疑いで立件されている。

“整形大国”とはいえ、韓国人女性は確かに人目を引く。韓国の地下鉄にはおしゃれな若い女性があふれている。レストランで料理をしていた女性すら、韓流スターに見えたほどだ。中国人留学生も「韓国には美人が多い。韓流ドラマに出てくるのは美男美女ばかりだけど、実際に韓国に来てみて現実にはもっと美女が多いことがわかった」と話す。

メディアセンターでは、ある家電メーカーのPRコーナーに人だかりができていた。記者やカメラマンの目当ては無料のコーヒーではなく、美人の広報だ。この女性は「みなさんに注目してもらえてうれしい。整形をしていなくても、韓国には美女が多いですよ。特にソウル。時間があったら行ってみてください。目の保養になりますよ」と語っていた。

開幕前からすでに2つの事件が起きた。今後、同様の被害が増えることが予想されるため、大会組織委員会はセクハラ被害に対応する部門を設けるという。(翻訳・編集/TK)