実写版「魔女の宅急便」主演の小芝風花

写真拡大

女優の小芝風花が9月18日、都内のホテルで行われた主演映画「魔女の宅急便」のDVD&ブルーレイ発売記念イベントに出席した。この日、同ホテル内のスイートルームを改装した「『魔女の宅急便』コラボルーム」が初お披露目。小芝は、同作の世界観を再現した内装に「うれしい、懐かしい!」「いろんなことを思い出します」と目を輝かせた。

DVD&ブルーレイに収録される特典映像には、小芝が共演の尾野真千子に実際の悩みを相談するシーンがあるという。小芝は、映画初主演でキキ役という抜てきに不安を感じていたが、尾野のアドバイスのおかげで「自分ができることをやらなきゃと思えて、切り替えて撮影することができた。すごく救ってくれました」と振り返った。

さらに、撮影中のエピソードを聞かれると「休憩中に、(清水崇)監督が尾野真千子さんのスリッパに落書きしちゃったんです。それもすごくしょうもなくて、うんちの絵を描いたりしているんです。尾野さんも負けじと監督のスリッパに落書きし返すんです。小学生みたいな落書きのしあいっことか、そういうのはよくありました」と明かし、笑いをさらった。

現在はドラマ「GTO」で成瀬つぐみ役を熱演するなど、女優として活躍の幅を広げている小芝。以前と変化したことについては「外に出るときはキレイな格好して、お化粧して。女子力みたいなものはあがりました」とニッコリ。今後は「いい子の役が多かったので、真逆の役とかやってみたいです」と意欲をのぞかせた。

「『魔女の宅急便』コラボルーム」は宿泊することも可能で、宿泊者にはジジのぬいぐるみと特製Tシャツをプレゼント。また、同ホテル1階には、劇中に登場した「グーチョキパン屋」が出店しており、“キキが届けたパンセット”が限定販売される。どちらも9月19日〜10月15日の期間限定で実施される。「魔女の宅急便」ブルーレイは5700円(税別)、DVDは4700円(税別)で9月19日から発売。同日からレンタルも開始される。

■関連記事
【インタビュー】小芝風花にとって“宝物”になった尾野真千子の無自覚なアドバイス
実写版「魔女の宅急便」海外配給が決定 主演・小芝風花は感激の涙
「魔女の宅急便」原作者の角野栄子氏、実写版キキに太鼓判
小芝風花、花のセブンティーン「悔いなく」
さぬき映画祭2014開幕!「魔女の宅急便」小芝風花、満員の客席にニッコリ