「毛皮のヴィーナス」最新ポスター画像(C)2013 R.P. PRODUCTIONS - MONOLITH FILMS

写真拡大

鬼才ロマン・ポランスキー監督の最新作「毛皮のヴィーナス」の最新ポスタービジュアルが公開された。毛皮をまとい、太ももをあらわにした妖艶な女優を描いたイラストの下に、本編のワンシーンを組み込み、ベールに包まれていた2人の危険な関係を予感させる大胆なデザインだ。

女優ワンダを演じるのは、演技派女優でポランスキーの妻、エマニュエル・セニエ。ワンダに翻ろうされる演出家トマ役を、カメレオン俳優マチュー・アマルリックが演じ、圧巻の掛け合いで観客を翻ろうしていく。

オーディションに遅刻してきた無名の女優ワンダは、自信家で傲慢な演出家のトマに強引にオーディションをしてほしいと懇願する。知性の欠片も感じさせないワンダだったが、演技を始めると役を深く理解し、セリフも完璧だった。ワンダを見下していたトマとワンダは、次第に立場が逆転。トマは役を超えて、ワンダに支配されることに心酔していく。

また、前売り特典の“あなたの欲望に火をつける”リップ型ボールペンの画像もお披露目された。「毛皮のヴィーナス」は12月20日からBunkamuraル・シネマ、ヒューマントラストシネマ有楽町ほか全国公開。

■関連記事
「毛皮のヴィーナス」予告編
三上博史「できないことをやろうという骨太さ」に満ちた主演ドラマ「震える牛」を語る
ポランスキー淫行事件の被害女性が回想録を出版
巨匠ポランスキーが波乱の人生語るドキュメンタリー、初期傑作4本と共に公開
マチュー・アマルリック「赤と黒」映画化構想を語る