暴走族総長に扮し、バイクにまたがるMATSU(中央)

写真拡大

「EXILE」のMATSUこと松本利夫が連続ドラマ初主演を果たした「ビンタ! 弁護士事務員ミノワが愛で解決します」の劇中に登場する写真が、このほど公開された。松本演じる主人公・箕輪(ミノワ)文太は、元暴走族総長という経歴を持つ型破りな法律事務所員。写真は、刺繍入りの真っ白な特攻服に身を包んだ松本が、舎弟に囲まれながら改造バイクにまたがる姿をとらえている。

「EXILE」では洗練されたスタイリッシュな衣装を身にまとい、プライベートでもファッションにこだわりを持つ松本。暴走族姿は人生初だというが、カメラに向かって“メンチ”をきる姿は強烈なインパクトを放ち、スタッフから「迫力がある」という声があがるほど好評だった。写真は、ドラマ第1話でお披露目される。

松本は、当初は恥ずかしかったといい「自分がだんだんヤンキーっぽく、暴走族っぽくなってくるんですよ。気持ちも歩き方も変わってきて、それはすごく不思議だなと思いました。格好で内面まで変わってきちゃうんだと思って、そういう部分では楽しませてもらった」と振り返った。さらに、「まさか39歳で特攻服を着るとは思っていませんでした(笑)。でも男って特攻服を着てみたいって憧れがあるじゃないですか。初めての経験だったので嬉しかったですね」と喜びを語った。

日本テレビ系「ビンタ! 弁護士事務員ミノワが愛で解決します」は、10月2日から放送開始。

■関連記事
「EXILE」MATSU連ドラ初主演! 破天荒に法律トラブルを解決
AKIRA、共演女性陣の浴衣姿にデレデレ「今日はすごく良い日」
「EXILE」ATSUSHIがNコン特番に出演! 閉校間近の中学生と歌で交流
E-girlsが「おどるポンポコリン」まる子とピーヒャラダンス
ガールズグループ「E-girls」、福田雄一監督の戦隊コメディ「女子ーズ」主題歌担当