写真提供:マイナビニュース

写真拡大

映画『太陽の坐る場所』のプレミア試写会が17日、都内で行われ、キャストの水川あさみ、木村文乃、森カンナ、三浦貴大と矢崎仁司監督が出席した。

本作は、直木賞作家・辻村深月の同名小説(文春文庫刊)を実写化したミステリー作品。高校時代にクラスの女王として君臨していた響子(水川)は、地元地方局のアナウンサーとして満たされない日々を過ごしている。一方、いつも響子の傍らにいた同級生の今日子(木村)は、今や誰もが憧れる人気女優として活躍中。卒業以来、会っていなかった2人は、クラス会で再会し、10年前の残酷な真実が明かされる――というストーリーで、映画は10月4日から全国公開する。

観客の「可愛い〜!」という声で迎えられた主演の水川は、「素敵な映画が出来たんじゃないかな」と照れ笑いを浮かべ、「女性の方の心の奥にある思い出したくないザラッとしたところを触ってくる作品。切なくなってくれれば」とアピール。「難しい役柄だった」とともに振り返った水川と木村は本作が初共演で、水川は「場所と匂いと空気が出来上がってて、2人のシーンはすんなり出来ました」と撮影を振り返った。また、イベントには、主題歌を歌うレミオロメンの藤巻亮太が登場し、本作のために書き下ろした同曲を披露。舞台袖で聞き入っていた水川は、「色んなシーンを思い出して、ドキッとしてウルッとしました」と大感激していた。

一方、「役の上ですけど、女性陣からの扱いがヒドイんです。ハーレム状態ではなかった」と苦笑いしていた"黒一点"の三浦。本作の内容にちなみ、女性の怖いところについて、「大阪人なので『アホやろ!』って言うんですけど、上京してきてその調子で話したら友だちがどっか行っちゃった」(水川)、「『あなただけに……』と話したことが、広がって悪口になって返ってきた」(木村)と女性キャストたちが口ぐちに語ると、三浦は「めっちゃ怖いんですけど……」と戦々恐々。さらに、「基本、女の人は怖い。普通の人でも嘘泣きが上手いのに、それを女優としてやっている人は本当に怖い」と"怖い"を連呼し、矢崎監督に「女優は"女は優しい"。俳優は"人に非ず"だから」とたしなめられていた。