貞子と初対面を果たした中条あやみ、森川葵

写真拡大

モデルで女優の中条あやみが9月17日、東京・渋谷109イベント広場で開催された映画「劇場版 零 ゼロ」のKADOKAWAホラーヒロイン引き継ぎ式に森川葵とともに出席。中条は、ホラー映画が苦手ながら「『Another アナザー』や(『リング』シリーズの)貞子を参考にした」そうで、サプライズ登場した貞子から「怖かった」とお墨付きをもらうと、「先輩に言ってもらえるなんてうれしい」と感激しきりだった。

本作は、「多重人格探偵サイコ」などで知られる大塚英志氏による、大ヒットホラーゲーム「零」シリーズを原案にした小説を映画化。安里麻里監督が、山間の女学校で起こる神隠し事件の謎を描く。中条と森川は、“死をもたらす呪いのキス”シーンに挑んでおり、「葵ちゃんのくちびるはやわらかかった」(中条)、「中条さんもやわらかかったですよ」(森川)とニッコリ。貞子も中条にキスを迫るが、“呪い”を受けて卒倒し担架で搬送されていた。

主演を務めたふたりは、「貞子に負けないくらいの映画になっています。怖いなかにも美しいものがある今までにない映画」(中条)、「フィルムで撮っていて、ほかの映画とは違ったキレイな映画」(森川)とアピールした。

「劇場版 零 ゼロ」は、9月26日から全国で公開。

■関連記事
中条あやみ 参考にしたのは「貞子先輩!」始球式で“呪いの魔球”披露
女性監督によるホラー映画の祭典、東京スクリーム・クイーン映画祭、10月末に開催!
劇場版「零」中条あやみ&森川葵 「ニコニコホラー百物語2014」ナビゲーターに
「劇場版 零」と「黒鷺死体宅配便」がコラボ 「黒鷺」の主役コンビが映画に登場
貞子、103キロの剛速球!脱“のろい”始球式に、西武ドームは大喝さい