「馬々と人間たち」ポスタービジュアル(C)Hrossabrestur2013

写真拡大

馬と人間との悲喜こもごもを“馬の視点”で描く異色作「馬々と人間たち」(ベネディクト・エルリングソン監督)のポスタービジュアルと予告編が公開された。

映画初ともいえるアイスランド馬を主役に据えた本作は、馬の視点から自然と馬と人間の絆を浮き彫りにするという奇想天外な構成が見どころ。サンセバスチャン国際映画賞・最優秀作品賞、アイスランドアカデミー賞6部門を制覇したほか、第26回東京国際映画祭コンペティション部門で最優秀監督賞を受賞し、日本国内でも公開決定前から話題となった作品だ。

予告編では、北欧アイスランドの人々の暮らしに深く根ざした馬たちの役割を紹介すると共に、馬に乗って海を渡る人間、凍死を免れようと馬の体内で暖を取る人間、予期せぬ馬同士の交尾シーンなどが切り取られ、アイスランドの過酷な自然と予測不可能のストーリーの一端をうかがい知ることができる。また、同時公開されたチラシ裏画像は、「馬」の一文字が巧みにデザインされ、演出家の宮本亜門氏が「驚いた、容赦がない映画だ。温かい動物たちの映画だと思ったら面食らった」とコメントを寄せている。

「馬々と人間たち」は、11月上旬からシアター・イメージフォーラムほか全国順次公開。

■関連記事
【動画】「馬々と人間たち」予告編
アイスランド映画「馬々と人間たち」監督、奇想天外な展開で「クリシェを攻撃」
ハリウッド映画のアイスランドロケが急増
「トーキョーノーザンライツフェスティバル2014」開催 「ムーミン」作者生誕100周年特集
第26回東京国際映画祭グランプリは満場一致でスウェーデン映画「ウィ・アー・ザ・ベスト!」