イルファン・カーン

写真拡大

2012年のアカデミー賞で最多4部門を受賞した映画『ライフ・オブ・パイ/トラと漂流した227日』で、主人公パイ(成人)を演じたイルファン・カーンが、第二次世界大戦を題材にしたTVミニ・シリーズで主演を務めると米The Hollywood Reporterが報じた。

【関連コラム】映画やドラマで「魅せる!」メイクアップ・アーティストたち、知られざる、その凄みに迫る!!(前編)

長年TVドラマの端役などを務めたイルファンは、2001年の映画『The Warrior(原題)』でブレイク。近年は2008年アカデミー賞作品賞に輝いた『スラムドッグ$ミリオネア』、インドの大ヒット映画『めぐり逢わせのお弁当』、アクション大作『アメイジング・スパイダーマン』といった注目映画での活躍が著しい。最新作『ジュラシック・パーク』シリーズの第4弾となる『Jurassic World』の出演も決まっている。

同ミニ・シリーズについて、最初に企画を立ち上げたのは日本のNHK。第二次世界大戦の太平洋戦線について長年調査を進めてきたという。そして現在、同シリーズは、NHKとカナダのドン・カモーディー・テレビジョンオランダのFATT プロダクションとの共同製作で進められている。撮影は来年早々から始まるといい、監督は映画『Still Mine』のマイケル・マッゴーワンとオランダのピーター・ヴァーホフが務める。

主に英語での撮影になるが、製作側は日本はじめ、北アメリカやヨーロッパの国々で交渉を進めているようだ。日本の注目俳優の出演もあるかも!?  同作の放送は戦後70周年を迎える2015年夏を予定している。(海外ドラマNAVI)

■関連記事・『ワンス・アポン・ア・タイム』に『美女と野獣』ベルの母親が登場『ダウントン・アビー』シーズン5の放送日が英国でついに決定!映画『めぐり逢わせのお弁当』で主婦を演じたニムラト・カウル、『HOMELAND』エージェント役に抜擢!