写真提供:マイナビニュース

写真拡大

2011年12月に急逝した森田芳光監督の劇場用映画デビュー作『の・ようなもの』(1981年公開)の続編が、俳優・松山ケンイチの主演で『の・ようなもの のようなもの』(仮題)として、2015年公開に向けて映画化されることが17日、明らかになった。

前作は、東京の下町を舞台に二ツ目の落語家・志ん魚(伊藤克信)の青春が軽妙なタッチで描かれた。本作はその後の物語となり、落語家一門・出船亭に入門した志ん田(松山)が師匠の志ん米(尾藤イサオ)からの依頼で、スポンサーである女会長お気に入りの志ん魚の行方を追う話。『の・ようなもの』から森田作品の助監督・監督補を務めた杉山泰一氏が、前作の世界観を踏襲する本作で監督デビューを果たす。

森田監督の遺作となった2012年の『僕達急行A列車で行こう』でも主演を務めた松山は、「『の・ようなもの のようなもの』の世界に自分が入る事がとても不思議で同時に光栄にも思います」と出演を喜び、森田監督を慕う旧知のスタッフやキャストが参加することから「その中で仕事が出来る事もとても喜ばしく思っております」と感激。「きをてらわず人間そのもののおかしさが出せたらなと思っています。とにかく真っすぐに役と向き合おうと思います。落語に出会えたのもこの作品のおかげです。落語も存分に楽しみたいと思います」と意気込んでいる。

本作には伊藤克信、尾藤イサオ、でんでんも、前作と同じ役柄で登場するほか、森田組に縁のあるキャストも出演予定。映画は今月5日に栃木県日光市でクランクインし、30日のクランクアップを予定している。