初登場1位の「るろうに剣心 伝説の最期編」(C)2014「るろうに剣心 京都大火/伝説の最期」製作委員会

写真拡大

9月13〜14日の国内映画ランキング(全国週末興行成績・興行通信社提供)が発表された。3連休目がけ、市場には多くの新作が投入されたが、トップ10にランクされたのは、やはり予想通りの3作品だった。

まずは、首位デビューを飾った「るろうに剣心 伝説の最期編」。シリーズ2作目「京都大火編」の公開からわずかひと月半後の公開となったが、これが「京都大火編」をはるかにしのぐ凄いスタートを切っている。

全国434スクリーンでのオープニング週末2日間の成績は、動員71万7958人、興収9億1947万9200円と、「京都大火編」の155%(興収で比較)という出足。公開から3日間ですでに13億円を稼いでおり、最終的に70〜80億円付近まで到達しそうな勢いである。

現在も7位にランクインしている「京都大火編」が、これまで50億円近く稼いでいるので、「るろうに剣心」は2作品合わせて120億円以上の興収を上げる可能性が高い。

3位には、マーベル原作の「ガーディアンズ・オブ・ギャラクシー」がランクイン。週末2日間で動員17万6233人、興収2億2414万5400円と、こちらもかなりの大健闘といえる。全国595スクリーンでの成績だ。勢いをある程度キープできれば、興収10億円を余裕でクリアできるだろう。

5位の「舞妓はレディ」は、2日間で動員9万1772人、興収1億1015万8500円。先の2本に比べるとだいぶ物足りないが、それでも3日間で10万人以上を動員しており、こちらも興収10億円超えに期待がかかる。全国300スクリーンでの公開。

■関連記事
【国内映画ランキング】1〜10位まではこちら
【作品情報】「るろうに剣心 伝説の最期編」
【作品情報】「STAND BY ME ドラえもん」
【作品情報】「ガーディアンズ・オブ・ギャラクシー」
【作品情報】「ルパン三世」