写真提供:マイナビニュース

写真拡大

佐藤健主演の映画『るろうに剣心 伝説の最期編』が13日から全国334劇場435スクリーンで公開され、初日3日間で観客動員数103万人4,988人、興行収入13億円840万500円を記録する好スタートを切った。

初日2日間の興行成績は観客動員数71万7,948人、興行収入9億1,947万9,200円で、土日オープニング成績としては、邦画、洋画問わず今年の国内映画でナンバー1の記録。土日2日間での興行収入9億円超えは、実写邦画では『THE LAST MESSAGE 海猿』(2010年)以来、71万人超えは佐藤健も出演した『ROOKIES 卒業』(2009年)以来の記録更新となった。この動員数71万人は2000年以降の実写邦画で5位。このことを受け、23日には佐藤健、大友啓史監督が都内9劇場を巡る「大ヒット御礼舞台あいさつ」を実施することが決定した。

シリーズ第2弾となる本作は、漫画家・和月伸宏氏の『るろうに剣心 -明治剣客浪漫譚-』を原作に、「京都大火編」と「伝説の最期編」の2部作で描かれる物語。原作のクライマックスにあたる京都編をベースに、緋村剣心(佐藤健)が最大の宿敵となる志々雄真実(藤原竜也)と死闘を繰り広げる。前編となる「京都大火編」は8月1日の公開スタートから46日間で興行収入48億円7,387万9,900円、観客動員377万1,980人。前編、後編共にヒットを記録している。

■2000年以降の日本映画 土日2日間 動員ランキング上位15作品1位 114万人 『ONE PIECE FILM Z』(2012)2位 110.4万人 『ハウルの動く城』(2004)3位 98.7万人 『ROOKIES 卒業』(2009)4位 86.5万人 『踊る大捜査線 THE MOVIE2 レインボーブリッジを封鎖せよ!』(2003)5位 81.8万人 『ONE PIECE FILM STRONG WORLD』(2009)6位 81.5万人 『崖の上のポニョ』(2008)7位 80.5万人 『花より男子ファイナル』(2008)8位 79.8万人 『千と千尋の神隠し』(2001)9位 77.3万人 『エヴァンゲリヲン 新劇場版:Q』(2012)10位 75.2万人 『HERO』(2007)11位 74.7万人 『風立ちぬ』(2013)12位 74.2万人 『劇場版ポケットモンスター ダイヤモンド&パールディアルガVSパルキアVSダークライ』(2007)13位 71.7万人 『るろうに剣心 伝説の最期編』(2014)14位 70.7万人 『踊る大捜査線 THE MOVIE3 ヤツらを解放せよ!』(2010)15位 69.1万人 『LIMIT OF LOVE 海猿』(2006)