厳選!2歳馬情報局
第10回:クローディオ

 2005年のオークス(東京・芝2400m)を制したシーザリオ。同馬はその直後、アメリカンオークス(アメリカ・芝2000m)まで快勝。「日米オークス制覇」という快挙を成し遂げた。そんな屈指の名牝が送り出す5番仔、クローディオ(牡2歳/父ハービンジャー)が、デビューに向けて着々と準備を進めている。

 2004年〜2005年に活躍した母シーザリオの戦績は6戦5勝(うちGI2勝)。唯一の敗戦は、脚を余して敗れた桜花賞(2着。阪神・芝1600m)だけで、中・長距離では圧倒的な強さを誇示した。ケガのために短いキャリアでの引退となったが、その強さから、同世代だったディープインパクトの最大のライバルとさえ言われた。

 シーザリオは母としても優れた才能を開花させた。とりわけ、3番仔のエピファネイア(牡4歳/父シンボリクリスエス)は、2013年の牡馬クラシック戦線で主役を張る存在となった。皐月賞(中山・芝2000m)と日本ダービー(東京・芝2400m)では2着と涙を飲んだが、菊花賞(京都・芝3000m)では2着に5馬身差をつけて大勝。最後の一冠を手にした。

 偉大な母と実力馬の兄を持つクローディオへの期待は、当然のことながら大きい。同馬を所有するキャロットファームの永島一樹氏は、育成スタッフたちから漏れ伝わる評価を口にする。

「育成を担当したノーザンファームのスタッフは、『クローディオに乗ると、時計の感覚が狂う』と言っていました。どういうことかというと、騎乗者の感覚よりも、実際のラップタイムが1〜2秒速いらしいんです。それだけフットワークが軽いということで、これは能力が高い証明です」

 育成段階で早くも抜群のポテンシャルを見せてきたクローディオ。ゆえに、「素材の良さはすでに表れているので、あえて焦らず、じっくりと調整を進めています」と永島氏が語る。暑さの厳しい時期はペースを上げず、ここまで丹念に乗り込まれてきた。

 そして8月末、クローディオは満を持して栗東・石坂正厩舎に入厩。坂路での調教も開始している。母は12月、兄は10月のデビューだったことから、同馬も「馬本位で調整されていくと思いますが、秋以降のデビューを前提としています」と、永島氏は今後の見通しを語る。

「兄のエピファネイアは、シンボリクリスエスの産駒らしいシルエットのきれいさがありました。クローディオはそれよりもがっちりしていて、何度見ても迫力があります。これほどの馬なので、デビュー戦から万全の態勢を整えて臨みたいと思っています」(永島氏)

 母や兄の活躍からも、クローディオが見据えるのは、当然ながらクラシック制覇。新馬戦から質の違いを見せつければ、「王道路線」を歩んでいくことは間違いない。偉大なる日米オークス馬の子、クローディオの動向から目が離せない。

河合力●文 text by Kawai Chikara