リー・ミシェル

写真拡大

来年、シーズン6で幕を閉じることが決定しているミュージカル・ドラマ『Glee』。そのファイナルシーズンでは、どうやらレイチェル役のリー・ミシェルが『アナと雪の女王』の主題歌「Let it go」を披露することになるようだ。

【関連特集】やっぱり『glee』は面白い! 海外ドラマNAVI的『glee』大特集!!

リーは9月13日付のツイートで「Let it go」の歌詞の一部とともに、パフォーマンスシーンで着ると思われるドレスに身を包んだ自分の写真を投稿。このことから、「Let it go」をカバーすることをほのめかしていると見られている。シーズン6がクランクインして以来、撮影現場から頻繁にツイートしているリーは、ファイナルシーズンの撮影を心から楽しんでいる様子。ちなみに、『アナ雪』で同主題歌を歌っているのは、『Glee』でレイチェルの母シェルビー役を演じているイディナ・メンゼルだ。

ファイナルシーズンでは、レイチェルたち主要キャラクターがニューヨークからオハイオ州へ戻り、再びマッキンリー高校が舞台になるといわれている。また、5人の新キャラクターがマッキンリー高校のグリー部に投入されるほか、ゲイをカミングアウトした元いじめっ子のデイヴ・カロフスキー(マックス・アドラー)が再登場することも明らかになっている。

泣いても笑っても、残すところあと13話となった『Glee』。新旧入り混じったキャラクターたちがどんなドラマを巻き起こし、どんなパフォーマンスを見せてくれるのか、最後まで目が離せない!(海外ドラマNAVI)

■関連記事・【ネタばれ】『Glee』ファイナルシーズンにデイヴ・カロフスキーがブレインの恋人役でカムバック!?『Glee』リー・ミシェル、ナヤ・リヴェラとの不仲説を否定!【ネタばれ】『Glee』シーズン6で、レイチェルが舞台のオハイオに戻る理由とは?