最も成功する可能性が高い番組に選ばれた「ゴッサム」写真提供:アマナイメージズ

写真拡大

アメリカのテレビ業界が新シーズンを迎えようとしているなか、米テレビ批評家協会(TCA)が期待の新番組を発表したとThe Wrapが発表している。

会員へのアンケート結果によれば、今秋に放送開始となる新ドラマのなかで、「ゴッサム」が最も成功する可能性が高い番組に選ばれた。「ゴッサム」は、「バットマン」の前日譚を描く新ドラマで、米FOXで放送予定。2位はベネズエラのメロドラマをリメイクしたコメディドラマ「Jane the Virgin」、3位は不倫ドラマ「The Affair」。アメリカのテレビは、9月から10月にかけて新ドラマが一斉にスタートするものの、視聴率次第で放送終了になるシステムになっている。

TCAは、上記の3ドラマがヒットしてシーズン2に継続する可能性が高いとしている。ちなみに、同協会はアメリカとカナダでテレビを専門に活動する評論家やジャーナリストで構成される団体で、220人以上が所属している。

■関連記事
DCコミック原作の新ドラマ、コミコンでお披露目予定
白血病の「バットキッド」ドキュメンタリー、クラウドファンディングで資金募集
ゴードン警部の若き日描く「バットマン」ドラマ、ブルース・ウェイン役は天才子役
「プリズン・ブレイク」兄弟役、DCコミック新ドラマで再共演
ネットフリックス、米人気ドラマ「ブラックリスト」を1話200万ドルで獲得