次回作で演じるハンク・ウィリアムスのヒット曲を熱唱Photo by Ben Pruchnie/WireImage

写真拡大

英俳優トム・ヒドルストンが9月6日(現地時間)、米ミシガン州で開催されたウィートランド・ミュージック・フェスティバルにサプライズで登場し、生歌とギター演奏を披露した。

カントリーミュージックの巨匠ハンク・ウィリアムスの伝記映画「I Saw the Light(原題)」に主演するヒドルストンは、ウィリアムスの1947年のヒット曲「Move It on Over」を熱唱。そのほかにも、カントリー歌手のロドニー・クロウェルの奏でるアコースティックギターにのせ、「泣きたいほどの淋しさだ(I’m So Lonesome I Could Cry)」を歌い上げたという。

クロウェルは「I Saw the Light」の音楽監督に起用されており、ヒドルストンは彼のもとで演奏や歌唱のトレーニングを行っている。映画はコリン・エスコットが出版した伝記をもとに、29歳の若さで他界したウィリアムスの輝かしい成功とその裏で犠牲になった私生活を描く。「トゥモロー・ワールド」「TIME タイム」のプロデューサー、マーク・エイブラハムが製作・監督・脚本を兼ね、来月からルイジアナ州で撮影が始まる。

■関連記事
トム・ヒドルストン、カントリー音楽の巨匠の伝記映画に主演!歌唱も披露
トム・ヒドルストン、新「ベン・ハー」主演候補に
トム・ヒドルストン、J・G・バラード原作「ハイ・ライズ」映画化に主演
ジョニー・デップ、エアロスミスのコンサートにサプライズ出演!
ブラッド・ピット、ブルーノ・マーズのステージに飛び入り参加