スティーブ・カレル写真:REX FEATURES/アフロ

写真拡大

ジュリアン・ムーアとエレン・ペイジが主演する新作「フリーヘルド(Freeheld)」から、ザック・ガリフィアナキスがスケジュールの都合で降板し、代役としてスティーブ・カレルが出演すると米Deadlineが報じた。

ペイジが2010年から映画化に向けて動いていた本作は、アカデミー賞短編ドキュメンタリー賞を受賞した07年の同名作品(シンシア・ウェイド監督)をベースにしている。米ニュージャージー州の刑事ローレル・ヘスターと、自動車整備工ステイシー・アンドリーは長年のパートナーだったが、ローレルが末期ガンに冒されていることが発覚。2人の暮らすオーシャン郡では同性のパートナーへの遺族年金の支給が認められず、ローレルとステイシーは制度改正を求めて闘う。

新作では、ローレル役をムーア、ステイシー役をペイジ、ゲイの権利活動家スティーブ・ゴールドスタイン役をガリフィアナキスに代わりカレルが演じる。監督は「キミに逢えたら!」のピーター・ソレット、脚本は「フィラデルフィア」のロン・ナイスワーナーが手がける。

ちなみに、ムーアとカレルは11年のコメディ「ラブ・アゲイン」で共演し、夫婦役を演じている。

■関連記事
【コラム】◆特大号◆LGBT特集:同性愛をカミングアウトしたスターたち
イアン・マッケラン、ジョディ・フォスターがワンツー 米サイトが選ぶ「重要なLGBT俳優25人」
エレン・ペイジ、故ジョン・ベルーシの未亡人役で出演交渉中 カミングアウト後初
スティーブ・カレル、ケン・チョン主演のロードトリップ・コメディを製作
ジャン=リュック・ゴダール、カンヌ映画祭をドタキャン 初の長編3D映画に賛否