最新作「アバウト・タイム愛おしい時間について」の魅力も満載(C) Universal Pictures

写真拡大

リチャード・カーティス監督の最新作「アバウト・タイム 愛おしい時間について」の公開を記念し、カーティス監督が携わったラブコメディの名場面をぎっしりと詰め込んだ特別動画が、日本語字幕付きで公開された。

約2分半の傑作集に登場するのは、カーティス監督が脚本を執筆した「フォー・ウェディング」と「ノッティングヒルの恋人」、脚本と監督を兼ねた「ラブ・アクチュアリー」と「アバウト・タイム 愛おしい時間について」の4作品。心に残るシーンが次々とよみがえると同時に、最新作の魅力も存分に盛り込まれた内容となっている。

数々の名場面を彩るのは、今年のサマーソニック2014で初来日を果たした英シンガーソングライター、エリー・ゴールディングによる本作の主題歌「How Long Will I Love You」。英国ウィリアム王子とキャサリン妃の結婚披露宴後のパーティーでパフォーマンスし、“世界一有名なウェディングシンガー”となったゴールディングの伸びやかな歌声が、さらなる感動を呼び起こす。幸せが満ちあふれた映像は、ドーナル・グリーソン演じる主人公ティムのセリフで締めくくられる。

「アバウト・タイム 愛おしい時間について」を最後に監督業から引退することを発表しているカーティス監督。本作では、グリーソン、レイチェル・マクアダムス、盟友のビル・ナイらとともに、タイムトラベルを繰り返す青年ティムが本当の愛や幸せとは何かに気づいていく姿を描いた。9月27日から全国で公開。

■関連記事
【動画】「アバウト・タイム 愛おしい時間について」特別動画:リチャード・カーティス傑作集
【動画】「アバウト・タイム 愛おしい時間について」予告編
「ラブ・アクチュアリー」リチャード・カーティス監督が来日 引退作は「一番私的な作品」
映画関係者ら101人が選んだロマンティックな映画ベスト100
もし「ラブ・アクチュアリー2」が作られていたら? パロディ予告編が話題に