写真提供:マイナビニュース

写真拡大

公開初日を迎えた映画『さまよう小指』の舞台あいさつが14日、東京・新宿のテアトル新宿で行われ、キャストの小澤亮太、我妻三輪子、竹葉リサ監督が出席した。

竹葉リサ監督の初めての長編作品となる本作は、「ゆうばり国際ファンタスティック映画祭2014」で最高賞を受賞し、ロッテルダム国際映画祭に出品を果たすなど、国内外で注目を集めている作品。ブスで超恋愛至上主義の桃子(我妻三輪子)が、幼い頃から片想いをしている涼介(小澤亮太)の小指からクローンを作ったことで、様々な事件が巻き起こる。

片想いの男性を追い続ける桃子を演じた我妻は「割とぶっ飛んでいるとは思うんですけど、5歳の頃から振られ続けているので、クローンを作っちゃう気持ちは分からなくはないです。やらないけど…」と共感した様子で「私もすごく頑固なので、その辺は共感してやれました」と満足げ。その我妻が演じる桃子からずっと好意を抱かれるだめんず・涼介役の小澤は「涼介はクローンを使って狡賢いところというか、人に甘えるところがあり、そういう部分では似ていると思います。すごくピュアで素直なところも似ていますよ。頑張ってそうしました(笑)」と振り返った。

劇中には小指のクローンが登場し、そのクローンをめぐって様々なことが展開するが、「小指みたいなクローンを作れたら?」という質問に小澤は「僕は自分のクローンを作りたいです。お互い働けば色んな仕事ができるじゃないですか。同じことを学べるし人生が二倍になると思いますよ」とアクティブな回答。一方の我妻は「ドラえもんが欲しいです! (クローンで)ドラえもんできるかな? ドラえもんを作って色んなところに一緒に行きたいです!」と"天然発言"で観客の笑いを誘っていた。