このヒゲは不真面目に見える? 松本人志

写真拡大

お笑い芸人の松本人志(ダウンタウン)を起用して話題になっている、日本郵便ゆうパック」の新CM。“異常なまでに真面目な郵便局員”という設定のため、松本の顔の一部がCG処理されているそうだ。

「バカがつくほど、まじめです。バカまじめ。ゆうパック。」というキャッチフレーズのもと、松本人志が演じるのは異常なまでに真面目な郵便局員。“冗談も通じない”という設定のためニコリともせず、ひたすら荷物を届けるために走り続ける松本の姿が、逆にコミカルさを際立たせているのだ。

9月7日放送の『ワイドナショー』(フジテレビ系)“ワイドナB面”でコンビニが進化しているという話題の中で、2004年から取り扱われるようになった「ゆうパック」に注目。今月1日からオンエアされている「ゆうパック」の新CM“バカまじめな男・登場”篇に出演中の松本が、意外な映像の秘密を教えてくれた。

「真面目な役なので、僕のヒゲが気に食わないみたい」とは本人の弁だが、実際CMで松本のヒゲはきれいにCGで修正されたそうだ。確かに映像を意識して見るとヒゲは見事なくらい消えて、剃り跡さえも見当たらない。ヒゲが目立つ顔では視聴者に、真面目な人物だとは伝わらないのだろうか。

ヒゲが無いだけが理由ではないだろうが、この「ゆうパック」のCMに出演しているのが松本人志だと分からない人がいるらしい。“(CMに出ている男性)松本さんに似ていますよね”との感想が、彼の耳にも入り驚いているそうだ。

9月中旬からは、シリーズ第2弾“バカまじめな男・2人きり”篇が放送予定となっている。共演の女優・木村多江が演じるカフェバーのママに好意を寄せられる、郵便局員役の松本。堅物を通り越して“異常”とまでなっている真面目な男を、彼がどのように演じるのか。今後の展開が楽しみである。
(TechinsightJapan編集部 みやび)