栗山監督は「技術がある選手は長く続けられる。イナもあと10年はできる」

 世界のホームラン王・王貞治は1980年に現役を引退した。その年、30本塁打を放ちながらも「王貞治のバッティングができなくなった」とバットを置いた。野球ファンなら誰もが知るエピソードだ。日本ハムの稲葉篤紀も同様の考えを持っていた。

 9月2日。今季限りで20年間の現役生活にピリオドを打つことを表明した。史上39人目の2000本安打。首位打者。シーズン最多安打。ゴールデングラブ賞。日本シリーズMVP。日本一。そしてWBC(ワールド・ベースボール・クラシック)での世界一奪取。プロ野球界に残した功績は大きい。

 今シーズン序盤。いや開幕直後の4月中旬。左膝にメスを入れた。42歳という年齢を考えれば、肉体的、精神的ダメージは計り知れない。

 だが、7月中旬、グラウンドに戻ってきた。そして8月14日のロッテ戦で逆転2ランを放ち、チームを勝利へと導いた。全盛期に比べると、もちろん打撃力は落ちた。だが、その勝負強さは今もなお健在で一線級だ。

 まだまだできる――。そんな声は少なくない。

 たとえ、レギュラーを張れなくとも。たとえ、DHでの出場が続いても。たとえ、代打専任となっても。打席に立ち続けることは決して不可能ではない。日本ハムの栗山監督も「技術がある選手は長く続けられる。本人がどこで良しとするかだけど、イナ(稲葉)もあと10年はできる」と言ったほどだ。

 しかし、引退を決意した。「悔いはないです。まったくないです」とも言い切る。理由はただ1つ。稲葉も言った。「自分のバッティングができなくなった」と。

大谷も「真似できない」と語るバッティング技術

 ヤクルト時代から、そのバッティング技術は群を抜いていた。最たるはインローへの対応。内角低めへのバットコントロールだ。名だたる豪腕、技巧派が投げ込んできた最高の1球、ウイニングショットをことごとく弾き返してきた。

 誰もがその技術を欲しがった。プロ野球界初となる10勝&10本塁打をマークした大谷も、その打撃に魅了された1人。「バットのヘッドが下がらない独特の打ち方は真似できないです。スゴいなぁと思います」と、しみじみと語った。

 その唯一無二の職人技に年々、狂いが生じてきた。ユニホームを脱ぐことを決断したのが今年2月のキャンプ中。「スイングスピードが鈍ってきた。少しずつ、去年から感じていた」。2014年シーズンの開幕前から“カウントダウン”は始まっていたのだ。

 とはいえ、現役を続けることは十分に可能だったはずだ。

 プロ20年間の経験で培われた読みや駆け引き。下降線をたどっていくテクニックをカバーする武器はいくらでも備わっている。そしてその存在。相手ベンチやマウンド上のピッチャーに与える威圧感は相当だろう。

 野球に限らず、ボロボロになるまで現役にこだわり、精根尽きるまでプレーし続けるアスリートは数多い。それも見る者を感動させる。一方で、引き際が潔く、惜しまれながらも第2の人生に踏み出していく選手も少なくない。頂上からの眺めを知った男たちにとっては、9合目からの眺望は物足りなく感じてしまうのだろう。

 王の描いた美しい放物線。篠塚の芸術的な流し打ち。魂がこもった津田のストレート。野茂の消えるフォーク。イチローのレーザービーム……etc。新たに「稲葉の華麗なインコースさばき」も野球ファンの間で語り継がれていくだろう。